「谷田部レコードホルダーによる第二世代GT-Rチューンの最適解」真のBCNR33ブーストアップ仕様に迫る

谷田部で343.13キロを記録したペントルーフによる改作

吸気系パーツの見直しでブーストアップ効果をより高める

黒いボディに19インチのボルクレーシングTE37SLが目を引くBCNR33は、最高速系ショップ“ペントルーフ”が手がけた1台だ。ベースは、アクティブLSDとアテーサE-TSプロを標準装備するVスペックの後期型。

走行5万kmと少なく、外装のみならず内装もステアリングホイールとシフトノブが交換されている以外はノーマル。オーナーの手入れもあってグッドコンディションを保っている。

エンジンチューンの内容は吸排気+PCVバルブ加工によるブーストアップで、純正ECU書き替えによって燃調と点火時期を最適化。最大ブースト圧1.0キロ時に380psを発揮する。仕様としては非常にライトだが、RB26はノーマルでも水温がヒート傾向にあることから、ラジエターをARC製アルミ2層式に交換。ストリートメインのため、空冷式オイルクーラーの追加は行われていない。

ちなみに、ペントルーフでは基本的な吸排気チューンをかなり重要視している。「ノーマルのインテークはゴム製で収縮しますし、経年劣化で硬化するとバンドで締めても締まらなくなって抜けてしまいます。レスポンスアップとトラブル回避を目的とした対策ですね」とは、ペントルーフ北林代表。

また、吸気を効率良く冷却して充填効率を高めるためにインタークーラーも交換したいパーツとのこと。取材車両に装着されていたのはARC製の純正交換タイプ。ブーストアップレベルなら2層式で十分な性能を発揮してくれる。

排気系に関しては「ポン付けタービン仕様までならフロントパイプ60φ×2、マフラーメインパイプ80φがベスト。ブーストの立ち上がりが良く、低速トルクも犠牲になりませんよ」とのことだ。

このように、ブーストアップ仕様と言っても、オーナーの乗り方と懐具合を考慮して必要十分なパーツでまとめ上げる。それが、谷田部で343.13キロという国内最速記録を打ち立てた“魔王GT-R(BNR32)”を筆頭に、これまで様々な仕様を作り上げてきたペントルーフ流のGT-Rチューンなのだ。

●取材協力:ペントルーフ 東京都大田区大森東2-28-2 TEL:03-5493-0840

【関連リンク】
ペントルーフ
http://www.pentroof.co.jp

著者プロフィール

weboption 近影

weboption