「コスパ重視のターボ化で生まれ変わった通勤快速DE系デミオ」車検対応で45馬力アップ!

フィット用ターボキットを流用して大幅なパワーアップを達成!

ウォーラーライン付きで安心のT25タービンを選択

当初はハイコンプのNAメカチューンも考えたが「違和感のない加速よりも、回転の上昇とともにドキドキ感が増すようなパワーフィールに興味があったんです。それに過給機のほうがコストとパフォーマンスのバランスが良さそうだし」と、デミオのターボ化に踏み切ったオーナー。

ただし、デミオ(DE5FS)用のボルトオンターボキットが見当たらなかったため、HKSが販売していたGD3フィット用T25タービンキット(現在は廃盤)を流用。後方排気のDE5FSでは熱が溜まりやすいため、ウォーターライン付きのT25タービンに拘ったのである。

装着にあたっては、パイピング類を全てワンオフ製作してT25タービンをセット。エンジンマネージメントはキット同梱のF-CON iSをリセッティングして対応した。

重要なエキゾースト環境は、EG6用のシビック純正触媒を加工して流用した他、50φのセンターパイプもワンオフ製作。マフラーは静粛性と排気効率を両立する柿本改のGTboxハイパーを選択している。もちろん車検対応のセットアップだ。

ターボ化によって問題になるヒート対策は、フロントバンパー内にGD3用改インタークーラーおよびオイルクーラーをインストール。ラジエターは純正だが、いずれ大容量タイプに交換する予定だ。

足回りは、RS-Rのブラックi車高調を導入し、デミオとしてはかなり低い60mmダウンの車高にセット。

室内はトラストのインフォタッチやデフィの油温/水温計により、愛車のコンディションを徹底管理する。安全マージンを考慮し、最大ブースト圧は0.4キロの設定だ。

こうしてターボ化されたデミオは、純正の116.6ps/16.6kgmから161.1ps/22.5kgmと大幅なパワーアップを達成。パワーグラフ(ロス馬力の補正前の数値)から分かる通り、ゆるやかでフラットな特性のノーマルに対してターボ仕様ではとくに中間域からの立ち上がりが鋭く、高回転域でも十分なパワーと伸びが持続している。

チューナーの想像力と技術力が生み出したデミオターボ。まさに、チューニングの原点を感じさせてくれるようなホットマシンだ。

●トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880

【関連リンク】
トップフューエル
http://www.topfuel.info

著者プロフィール

weboption 近影

weboption