「パーツメーカー“アクレ”が本気でプロボックスをイジるとこうなる」独創的なボディ補強術に大注目!

足回りやブレーキ関連だけじゃない!オリジナルパーツを次々と投入

ストリートからサーキットまでプロサクを楽しみ尽くすパーツラインナップ

ブレーキ系パーツを中心に、エアロパーツやマフラーなどをリリースする“アクレ”。そのパーツ開発コンセプトは、プロボックス&サクシードの走行性能を引き立てて、楽しく安全に走れるマシンメイクを実現することにある。

その製品群は、もちろんアクレが最も得意とするブレーキ系が筆頭となる。ブレーキパッドは、JPSC(全日本プロボックスサクシード選手権)でアクレ号&スピリットパフォーマンス号が装着していた、カーボンメタルブレーキパッド『フォーミュラ700C』を中心にフルラインナップ。ストリートからハイスピード領域までを全てカバーしている。

リヤにはスポーツタイプのブレーキシューがセットされている。前後のブレーキバランスを考慮して設計されている逸品だ。

前後ローターやステンメッシュブレーキホースまで取り揃えているため、ブレーキ系はアクレパーツでフルコンプリートすることが可能だ。

また、動力性能を高めるためのアイテムとしてオリジナルのステンレスマフラーとEXマニも開発。マフラーはオールステンレス製で、砲弾型サイレンサーから100φテールへと繋がるスポーティなルックスだ。1NZエンジンの吹け上がりを軽快に演出、ドライビングが楽しくなるエキゾーストサウンドを響かせてくれる。

EXマニは純正の遮熱板を装着できるような形状としていることも拘りのポイント。これによってパワステベルトなどへの負担を減らすことで、より安心して走れるクルマ作りへと繋げている。

エンジン本体はノーマルで吸排気系のみの変更だが、軽快さを感じることができるファインチューン仕様。エンジンルームにはオリジナルのリザーバータンクが装備されている。 

さらに、独創的なボディ補強アイテムがFRPワイヤリングシステム。FRP製のワイヤーで要所を引っ張るように固定することで、ボディの捻れを防ぐというもの。

FRP製のワイヤーは伸び縮みしにくいという特性を持っているため、コーナリング中などのボディのたわみを手軽に防ぐことができるのだ。開発段階では180SXにこのワイヤリングシステムを装着し、筑波サーキットでのテストでは舵角が少なくなるという確かな効果を確認しているというから侮れない。

そして、スピリットパフォーマンスからはプロサク用にスペックN+及びスペックSのサスペンションキットを製品化。ギャップやうねりの多いストリートでは純正サスペンションよりも良好な乗り心地を確保しつつ、サーキットではロールを低減させたスポーティな走りを実現する。

ちなみに、スピリットパフォーマンスのサスペンションは、標準設定が設けられてはいるものの、オーナーの走り方や走るステージなどに合わせて減衰力やバネレートの変更が可能なのが特徴。1本ずつ手作りで製造されているため、自分の理想とする乗り味を伝えれば、オートクチュールの仕立服のようにぴったりとハマる足回りを構築することができる。

アクレ号が装着するフロントリップスポイラーもオリジナルアイテムだ。路面とのクリアランスを縮めることでぐっとスポーティなルックスへと変貌する。リップスポイラーのセンター部分と合わせて、グリルにも赤いワンポイントを加えるなどの小技も効いている。

ちなみに、アクレ及びスピリットパフォーマンスの代表を務める志村さんは、プロサクでのスポーツ走行にどっぷりハマってしまった業界人の一人。さらなるパフォーマンスアップを狙って、日々マシンメイクの構想を膨らませているという。
 
●取材協力:アクレ TEL:042-516-9600/スピリットパフォーマンス TEL:042-516-9550

【関連リンク】
アクレ
http://www.acre.co.jp/
スピリットパフォーマンス
http://www.spirit-shocks.jp/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption