「Z32永久現役宣言」オーナーの愛情が注ぎ込まれた500馬力のフルチューン仕様

心臓部はGT2530ツインターボで500馬力オーバー

スタイリングとスペックの両立! Z32を愛する理由はそれが全てです

「実はZ32はこれで2台目なんです。前のクルマは不慮のもらい事故で天に召されてしまって…。まだまだZ32で走り足りなかったので、迷わずこのクルマを買いましたね」と話すのは、2台あわせてZ32歴15年以上というオーナー。

というのも、事故はなんと特注のオーリンズ車高調を入れた帰り道で起こったのだ。クルマは再起不能になったが、足回りが生き残っていてくれたのが不幸中の幸いだったという。その事故車をドナーにして、現在のZ32はセットアップされている。

「仕様としてはサーキットでも街乗りでも快適に乗れるという、よくあるタイプですよ」とオーナーは謙遜するが、その愛車はZ32を心から愛していなければ成し得ないほどのチューニングが施されている。

まず、元々ブーストアップ仕様だったVG30DETTは、オーバーホールのタイミングで消耗品を一式新品に交換しつつ、ステップアップチューンを敢行。腰下こそノーマルだが、東名カム(IN&EX256度)やHKSのGT2530ツインターボをセットして、ブースト1.2キロ時に530psを叩き出す。マネージメントはセントラル20のスーパーコンピュータだ。

マフラーはもちろん、タービンアウトレット、フロントパイプ、そしてキャタライザーまでセントラル20のオリジナルブランドであるZスポーツ製をチョイス。サーキットに効く低中速トルクの底上げに貢献している。

530psのハイパワーを受け止めるのは、エンジンを降ろすと同時に組み込んだシュベーレン製の強化AT。ATを選択しているのは街乗りでの快適性を求めてのことで、このままサーキットを走ってもMT仕様とそう変わらず楽しめるそうだ。

ホイールはZスポーツのZ33用を装着。カラーはボディのシルバーに合わせてBNR32のガンメタリックで塗装している。サイズはフロント18インチの8.5J、リヤが19インチの10.0J。Zスポーツホイールはフロントが6本スポークでリヤが7本スポークになるという、特徴的なデザインが秀逸だ。

装着したその日に事故ったという、ある意味で非常に思い入れの強い特注オーリンズサスペンション。スプリングはスウィフト製でスプリングレートはフロント10kg/mm、リヤ8kg/mmをセットする。

ブレーキにはZスポーツのZ33用6ポットブレーキキット、リヤにBCNR33用ブレンボキャリパーを移植している。いずれもサーキット走行を見越した選択だ。

純正フォグランプの位置には、容量アップしたブレーキを冷却するためのダクトを設置。Zスポーツのサイドカナードは高速度域のリフトを防止し、ステアリングインフォメーションを飛躍的に向上させるアイテムだ。いずれも精悍なルックスを演出するのにもひと役買っている。

このZ32は前期型だが、後期のクリアテールを移植。しかし、中央の“300ZX”が光るのは前期型のみなので、ここだけはオーナーの拘りで変更していない。

稀に見るハイチューンZ32だが、これからはメンテナンス中心の付き合い方になっていくだろうとオーナーは語る。「パーツも一巡したし、潰れるまで乗り続けますよ。これほどルックスと性能のバランスが良いクルマは他にはありません」。

後継モデルが登場しても、色褪せない魅力を持つZ32。オーナーとZ32のチューニングカーライフはまだまだ続いていきそうだ。

●セントラル20 東京都調布市上石原1-32-34 TEL:042-486-4451

【関連リンク】
セントラル20
http://www.central20.co.jp/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption