「完全合法チューンで速さを追求!」A PIT東雲が目指すZC33Sチューンの理想形!

オリジナルのタービンキットで220馬力をマーク!

良質なパーツを採用しつつ、オリジナル製品も次々と開発!

一般的なチューニングショップとは異なり、「クルマもヒトもピットイン」をコンセプトにクルマと過ごす快適空間を提供している“A PIT(アピット)オートバックス東雲”。広大な敷地に経験豊富なスタッフとシャーシダイナモをはじめとした本格的なセッティング機器を備え、ショールーム内には数多くのアイテムがディスプレイされている。

数多くの車種を手がける同店だが、特にZC33Sスイフトスポーツは得意とする車種の一つ。これまでこのデモカーを用いて数多くの市販パーツテストやオリジナルパーツの開発を行なってきた。

デモカーを担当している杉田さんによると、マシンメイクのコンセプトは「完全合法の範囲で楽しさと速さを追求する」というもの。ファーストステップでは、HKS製のレーシングサクションキットやスーパーターボマフラー、ブローオフバルブなどでパワーとフィーリングを向上させる。

さらにセカンドステップでは、フラッシュエディターとメタルキャタライザーを使ったブーストアップでモアパワーを引き出すのがお勧めだそう。

続くサードステップでは、インタークーラーやオイルクーラーなどの冷却パーツを追加し、燃焼効率アップと長時間のスポーツ走行も楽しめるセットアップを構築していく。

そして注目の最終ステップが、オリジナルのハイフロータービン(17万3800円)仕様となる。ブースト1.2キロ時に約220psをマークすることが可能で、エンジン制御はHKSフラッシュエディターとパワーエディターを併用。もちろん、そのセッティングデータはシャシダイ上でのテストと実走行を繰り返しながら独自に煮詰めたものだ。

足回りに関しては多彩な車高調を経て、現在はブリッツ製ZZ-Rを装着。ただし、同製品を含めて、ストリート向けのアイテムはリヤのスプリングレートが低めに設定されていることが多く、アクセルオンでフロントのトラクションが抜けてしまう。

そこで開発されたのが、5.2kg/mmというレートを持つオリジナルのリヤスプリング(2万6400円/リヤ2本セット)。これはHALスプリング社製の低反発タイプで、スポーツ走行に対応したレートながら快適な乗り心地を実現。ブリッツZZ-Rだけでなく、HKSハイパーマックスSやテインのフレックスZなどとの組み合わせも想定されている。

フロントメンバーボルト
フロントメンバーボルト
フォグカバー

この他にも、フロントメンバーのボルト部の遊びを無くしてズレを矯正するフロントメンバーボルト(1万4300円/1台分)や、空力性能アップに貢献するフォグカバー(2万7500円)もA PITで開発した製品。

さらに変わり種としては、HKSショック用リヤショートブラケット(3万800円/1台分)も見逃せない。これはサーキット専用の車高をかなり下げたセッティングでもストローク量を確保するためのアイテムだ。

「街乗りからサーキットまで楽しめる一台に仕上がりました。予算や乗り方に合わせて多彩なチューニングプランを用意しておりますので、お気軽に店舗まで遊びに来てください!」と杉田さん。

ZC33Sのデビュー直後からチューニングベースとして向き合ってきたA PITオートバックス東雲だけに、パーツの組み合わせやセッティングのノウハウは非常に豊富なのだ。

問い合わせ:A PIT AUTOBACS SHINONOME 東京都江東区東雲2-7-20 TEL:03-3528-0357

【関連リンク】
A PIT
https://www.apit-autobacs.com/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption