「史上最大級の熱狂ぶり!」FUELFEST JAPANに集結したユーザーチューンド達ーPart.1ー

FUELFESTのショーカーエリアに潜入!

2022年8月11日。2000台のカスタムカーと、3万人を飲み込んだ富士スピードウェイは、グラチャン全盛期を彷彿とさせる異常な盛り上がりに包まれた。FUELFEST JAPAN。このアメリカ生まれのカーフェスは、一発目にして日本のカスタムカルチャーを掌握したのである。ここでは、そんな大規模イベントのショーカーエリアでとくに目を惹いたユーザーチューンド達を紹介していく。

ホンダ・ヴェゼル

ホンダの人気SUV“ヴェゼル”をベースにしたシャコタンワイドボディ仕様。ロケットバニー風の前後ワークスフェンダーは恐らくワンオフ。深リムのSSRフォーミュラエアロスポークとのコンビネーションで、存在感溢れるスタイリングを構築していた。

光岡・ラセード

この光岡ラセードは、奇人ドリフターとして業界で名を馳せる松野さんの愛車。つまり、正真正銘のドリ車なのである。シルビアのパーツ(ラセードはベースがS15)を使いながら仕上げており、戦闘力はかなり高い。深リムのウェッズ・クレンツェ ケルベロス2も大迫力だ。

日産・スカイラインパサージュ

当時流行していたハイソカーの要素をふんだんに盛り込んだR31型パサージュ。本来であれば6気筒のRB20が搭載されているはずだが、エンジンルームに収まっているのはSR20DE。ワイヤータックも敢行され、NAエンジンということも相まって非常にシンプル&クリーンな仕上げが光る。

ホイールはワークのエクイップ03を装着。角張った車体とオーバーフェンダーという旧車らしいテイストに、より深みを与えてくれるチョイスだ。

BMC・MINI

ダクト付きのエアロボンネットを備えたオールドミニ。10インチのハヤシレーシング「タイプSTM」とクラシックアドバンの組み合わせを含め、国産チューンド風のイジり方が好印象な1台だ。

日産・スカイラインGT-R

煌びやかなボディカラーは、VWアルテオン純正(オプション)のターメリックイエローメタリックゴールドメタリック。カーボンパーツとのコンビネーションがインパクト抜群だ。BCNR33では珍しいホイールチョイス(グラムライツ57エクストリーム)にオーナーの強い拘りを感じる。

日産・シルビア ヴァリエッタ

チルトカウルにシザーズドア、さらに前後のフェイスリフトでベース車両の面影を完全払拭。フロントは北米専売車両カムリソラーラのヘッドライトを軸に構築し、テールはDC5のRSX(北米仕様インテグラ)からの流用となる。ワイドフェンダーと合わせた違和感のないカスタムフィットも見事だ。

もちろん、パワーユニットにも手が入る。シルビアのヴァリエッタは本来NAのオートマしか存在しないが、外観に見合ったパフォーマンスを求めてスペックRのSR20DETターボエンジンを換装し、機関系も強化済み。見た目の迫力に負けない走りを実現しているのだ。

PHOTO:土屋勇人(Hayato TSUCHIYA)
●取材イベント:FUELFEST JAPAN 2022

著者プロフィール

weboption 近影

weboption