「デボネアVの変態グレードと奇跡の遭遇!」唯一ベンコラ標準の廉価モデルにしてレア度はMAX・・・それがLGだ!!

実働状態で残っている個体に巡り合えたのが奇跡!

素のデボネアVを楽しめるなど贅沢すぎる!!

1986年8月、22年間に及ぶ生産の末、時代遅れも甚だしくなった初代デボネアに代わって2代目デボネアVが登場した。初代から大きく変わったのは、駆動方式がFRからFFになったこととV6エンジンの搭載だ。

それにしても、デボネアVはなかなか厳しい立ち位置にあった。本来、トヨタならセンチュリー、日産ならプレジデントに匹敵する三菱のフラッグシップセダンでありながら、販売面ではクラウンやセドリック/グロリアも相手にしなければならなかったからだ。

取材車両のLGは、SOHC 2バルブでレギュラーガソリン仕様を搭載。6G72はボア径φ91.0に対してストローク量76.0mmと、実はスバルEJ20(φ92.0×75.0mm)に匹敵するほどの超ショートストローク型だったりする。

そのため、後期型では6G72型を載せる3.0Lモデルだけで10グレードも用意されていた。上級グレードは210psを発揮するDOHC版、下級グレードは155psのSOHC版を搭載。今回は絶対に3.0Lのベンチコラム6人乗りを取材してやろうと意気込み、恐らくロイヤル系が見つかるだろうと踏んでいたのに、実はその存在を知らず、カタログを見て後から知った最低グレードのLGが現れたので、思わずひっくり返りそうになった。

そもそも、このモデルを新車で買った人も凄ければ、今まで実働状態で残っていたことも凄い! ともあれ、最上級ロイヤルエクストラでなく、凝った内装のアクアスキュータムでもなく、ましてやAMGでもなく、まさかのLGに巡り合ったのは運命に違いない。

そんなLGは10グレード中、唯一のベンチコラム6人乗り(セパレートシート5人乗りは受注生産)仕様。フロントベンチシートは1:2分割でスライド&リクライニングが可能となっている。運転席にはシートリフター機能が付き、助手席側にはセンターアームレストを装備。純正ハーフシートカバーが泣かせるアイテムだ。

後席はヘッドレスト一体型のハイバックタイプ。センターアームレストこそ装備されるが、リクライニング機構などは付かない。

インパネ周りはオーソドックスなデザイン。ステアリングはチルト機構もテレスコピック機構も付かない固定式となる。コラムシフトだからかと思いきや、2.0Lの中間グレード、スーパーサルーンのベンチコラム仕様にはチルト機能が備わるため、廉価グレードゆえの装備簡略化だ。

ベンチコラムと並ぶ室内での見どころがメーターパネル。昔の廉価グレード車にありがちだった伝統の手法を踏襲し、タコメーターの代わりに大型アナログ式時計が構える。その右側には水温計と燃料計、左端にエアコンインジケーターが確認できる。

上部に2段構えのエアコン吹き出し口を備え、その下にエアコン操作パネル、シガーライター&灰皿、1DIN分のオーディオスペースが配されたセンターコンソール。廉価グレードでもフルオートエアコン(上級グレードではデュアルフルオート)を装備するのが旗艦モデルらしい。また、運転席以外のドアには灰皿も用意される。

続いて外装。実車を前にして思ったのは、デザインがやたらと直線的でしかも無機質なこと。さらに、真横から見た時の、フロントノーズ〜キャビン〜テールエンドのバランスも微妙である。しかし、このアンバランスなフォルムこそデボネアVの魅力である事もまた事実だ。

ホイールはデボネアVパーソナルシリーズのスーパーエクシード、アクアスキュータムに標準装備される14インチアルミに交換。タイヤは標準195/70R14サイズのDNAエコスES300が組み合わされる。純正マッドガードはボディ同色とされ、リヤ用には車名ロゴが入る。

不思議なレイアウトのマフラー。右側にあるメインサイレンサーからそのままエンドパイプを出せば良かった気もするが、前方を大きく迂回させて左側にリヤエンドを配置しているのだ。何か理由があるのだろうか…。

お待ち兼ねの試乗タイムだ。ポジションを合わせるために各部を調整すると、以前取材したクラウンスーパーデラックスのベンチコラムとは違い、運転席だけが単独で前後スライドすることに安堵。クラウンは座面一体でしか動かなかった…。

コラムレバーをDレンジに入れて発進。6G72はショートストローク型にも関わらず、2000rpm以下でもトルク感があり、上り坂でもアクセルを踏む右足に少し力を入れるだけでスーッと前に出る。官能性とはまるで無縁だが、実用エンジンとして黙々と仕事に徹するあたりがLGの性格にマッチしているではないか。

乗り心地はあたりが柔らかく、マイルドの一言。そして、フロントヘビー感が強いハンドリングは予想通りだった。装着タイヤが195幅の70扁平ということでフロントタイヤをよじらせながら曲がっていく。もちろん、まるで攻める気にはならなかった。

後期型では2.0Lモデルが受注生産になったため、実質的なボトムエンドを担ったLG。素のデボネアVを楽しめるなど、こんなに贅沢なことはない。

■SPECIFICATIONS
車両型式:S12A
全長×全幅×全高:4865×1725×1440mm
ホイールベース:2735mm
トレッド(F/R):1455/1420mm
車両重量:1480kg
エンジン型式:6G72
エンジン形式:V6SOHC
ボア×ストローク:φ91.1×76.0mm
排気量:2972cc 圧縮比:8.9:1
最高出力:155ps/5000rpm
最大トルク:24.0kgm/4000rpm
トランスミッション:4速AT
サスペンション形式(F/R):ストラット/トーションアクスル
ブレーキ:FRベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ(F/R):195/70R14

「生産わずか3台の激レア車、デボネアコンバーチブルに乗った!」三菱が手がけた国宝級スペシャルの今

著者プロフィール

weboption 近影

weboption