「次世代マシンが集結!」体感イベント『EV+ Experience 2022 in Toyota City』が大盛況のなか閉幕

ラリージャパン2022連動イベント!

早朝から行列のできる大盛況ぶり

フォーラムエイト・ラリージャパン2022の連動イベントとして開催された「EV+ Experience 2022 in Toyota City」。最先端のテクノロジーを注ぎ込んだ次世代マシンが集結したこのコンテンツが、大盛況のもと閉幕となった。

トヨタ・ホンダ・ニッサン・マツダ・スバル・三菱・ルノーの7ブランドから計19台のマシンが集結。さらに最新モデルの試乗車も8台用意され、早朝から行列ができる大盛況となった。

ラリージャパン併催ということで、試乗はラリーの気分が味わえるゲートを潜ってスタート。現場にはレーシングカーであるMIRAI国沢号も展示され、国沢光宏氏本人も登場。レースファンに刺さる演出がなされた。

なお、今回のイベント名に冠された「EV+」とは、EV=電気自動車だけではなく、水素で走るクルマやハイブリッド、プラグインハイブリッドなど、環境に配慮した全ての次世代カーを包括する造語。いち早く近未来マシンに触れることができるコンテンツとして、ラリージャパンに華を添えたのである。

【関連リンク】
ラリージャパン
https://rally-japan.jp/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption