「スカイライン400Rの熱問題を解決!」大容量ヒートエクスチェンジャーがついに登場

400Rだけでなく300GTにも装着が可能

実戦から生まれたフェニックスパワーの新兵器!

RV37型スカイラインが秘める可能性を高く評価して、モデルデビュー直後からチューニングに取り組んでいる“フェニックスパワー”。

ワークスカー(400R)は、ブーストアップ仕様ながら最高速295.50キロ(2021年2月)をマークするまでに進化を遂げているが、その中で浮き彫りになった問題点が、水冷式インタークーラーの容量不足に起因する吸気温度の上昇だった。

左が純正/右がフェニックスパワー製

今回紹介する「大容量ヒートエクスチェンジャー」は、そうしたVR30DDTTエンジンのネガ部分を完全払拭しつつ、さらなるパワーチューンを後押しするために誕生したパーツだ。

上が純正/下がフェニックスパワー製

RV37型スカイラインの水冷式インタークーラーは、ラジエター前にヒートエクスチェンジャー(熱交換器)を備えている。フェニックスパワーではそのヒートエクスチェンジャーの厚さを15mmから35mmへと拡大。さらにアルミ3層構造とすることで、吸気温度上昇速度の大幅な遅延に成功したのだ。

「効果絶大ですよ。ノーマル状態でサーキットを走ると、一瞬でフェイルセーフが介入するレベルまで吸気温度が上昇してしまいます。でも、このヒートエクスチェンジャーを組んで的確なECUチューンを行えば、安定した連続周回が可能になります」とは、フェニックスパワー横山代表。

価格は400R用が11万8800円、300GT用が12万6500円となる。パワーチューンを画策中のオーナーは、導入を検討してみてはいかがだろうか。

●問い合わせ:フェニックスパワー 福井店:福井県坂井市丸岡町朝陽2-317 TEL:0776-67-2980/京都店:京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157

【関連リンク】
フェニックスパワー
http://www.phoenixs.co.jp/phoenixs/

著者プロフィール

weboption 近影

weboption