~「CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary」、ニューモデル「ADV350」を出展~

ホンダ、CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary をEICMA 2021(ミラノショー)に出展|ホーネット/NT1100

 Hondaは、イタリア・ミラノで開催されるEICMA 2021(ミラノショー、プレスデー:11月23~24日、一般公開:11月25~28日)に出展するヨーロッパ向け2022年モデルの二輪車ラインアップを発表した。

 Hondaの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、現地時間2021年11月23日(火)9:00に以下を発表した。その内容を紹介する。

  • 2022年モデルのCBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SPおよび発売30周年を記念したCBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary を公開
  • アドベンチャーモデルのスタイルとシティスクーターの洗練さを融合したニューモデルADV350を公開
  • 快適性と多用途性を備えたNT1100を初公開
  • Hornetコンセプトを3Dプロジェクションマッピングで初公開
  • 人気モデルSH125iおよびSH150iにシャープでスポーティーなニューカラーを2パターン追加
  • X-ADV・Forza 125・Forza 350・CB650R・CBR650R・CMX500 Rebel・CMX1100 Rebel・Gold Wing・Gold Wing Tourに新色を追加
ホンダ・ミラノショー
CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary
ホンダ・ミラノショー
ADV350
ホンダ・ミラノショー
NT1100
ホンダ・ミラノショー
Hornetコンセプト

CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP/CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary

ホンダ・ミラノショー
CBR1000RR-R FIREBLADE
ホンダ・ミラノショー
CBR1000RR-R FIREBLADE SP

 2022年モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP」および記念モデルの「CBR1000RR-R FIREBLADE SP30th Anniversary」を公開。
 1992年の初代モデル「CBR900RR」の誕生以来30年に渡るチャレンジを記念して、初代モデルのカラーリングをモチーフとした30周年記念モデルを設定した。
 2022モデルは、160kW/14,500rpmの最高出力を持つ直列4気筒エンジンの中速域の出力特性を変更。ドリブンスプロケットの丁数を3丁増やし43丁とし、各ギアでより力強い加速力を実現した。また、「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」は、HRCのテストライダーからのフィードバックをもとに、制御の熟成を図っている。
 また、CBR1000RR-R FIREBLADEに採用するNissin製フロントブレーキキャリパーのピストンに新素材に特殊表面加工を施すことで、サーキット走行における高負荷時の操作性向上に寄与。さらにCBR1000RR-R FIREBLADE SPにはÖhlins(オーリンズ)製の電子制御式サスペンションおよびBrembo(ブレンボ)製のブレーキパーツを引き続き採用。またクイックシフターの制御も今回新たに最適化している。

ADV350

ホンダ・ミラノショー

 アドベンチャーモデルのスタイルとシティースクーターの洗練さを高次元で融合した「X-ADV」に続き、ミッドサイズ・スクーター市場に「ADV350」を投入。ADV350は、洗練されたスクーターのルックスにタフなADVスタイルを併せ持ち、舗装路から荒れた路面まで軽快な走りを提供する。

 シート下には、フルフェイス・ヘルメットを2個収納可能で、グローブボックス内にはUSBソケットを装備。「Honda SMART Key システム」を採用するなど実用性を考慮した。スクリーンの高さは調整可能で、LCDメーターには「Honda Smartphone Voice Control system(HSVCS)」が搭載されている。

 エンジンは、330ccのDOHC4バルブの低燃費「eSP+」を搭載。Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を標準装備。フレームには、高剛性と靭性を併せ持つスチール製チューブタイプを採用。足まわりは、路面追従性に優れたフロントフォーク、リモートリザーバーリアショックを備え、十分な最低地上高を確保している。ホイールは、前15インチ/後14インチの軽量タイプにブロックパターンのチューブレスタイヤを組み合わせている。

 カラーリングは、スパングルシルバーメタリック/マットカーボニウムグレーメタリック/マットカーネリアンレッドメタリックの3色を設定した。

※ヘルメットのサイズや形状によっては収納できない場合があります。

NT1100

ホンダ・ミラノショー

 2021年10月の欧州発表に続き、今回ショーイベントで初披露となる「NT1100」は、軽快なスポーツモデルと快適なツアラーモデルの融合を図り、新たなオンロード・ツーリングモデルの市場を創造する。

 5段階に高さ調整可能なウインドスクリーンに加え、ライダー前方の左右上下のウィンドディフレクターが、ライダーへの走行風をやわらげるなど快適性を追求。

 6.5インチのタッチパネル式TFTフルカラー液晶の表示はカスタマイズ可能で、Apple CarPlay®/Android Auto®にも対応しています。

 NT1100のスチール製セミダブルクレードルフレームは、シャープな操縦性を実現。フロントサスペンションにはShowa製の倒立式フロントフォークを、リアにはシングルリアショックを採用した。フロントの310mmブレーキディスクには4ピストンのラジアルマウントキャリパーを組み合わせて採用。タイヤは、前120/70-17、リア180/55-17サイズを装着。エンジンは、定評のある水冷4ストロークOHC(ユニカム)4バルブ直列2気筒を搭載。最高出力74kW/最大トルク104Nmを発揮し、吸気およびエキゾーストはよりスムーズな加速力と魅力的な排気サウンドを重視した。Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)は3段階の設定とし、後輪スリップ制御とウイリー挙動緩和制御を採用。

 カラーリングは、マットイリジウムグレーメタリック、パールグレアホワイト、グラファイトブラックの3色が設定されている。

商標・登録商標について
※Apple CarPlayはApple INC.の商標です。Android Autoは、Google LLCの商標です

The Hornet(Hornetコンセプト)

 欧州で高い評価の「Hornet」が、新たなHornetコンセプトの方向性のプレビューとしてEICMAで初公開する。Hondaブースにて、プロジェクションマッピングを駆使して3次元の映像と音声で、Hornetの歴史と将来へのプレビューを展開する。

Hornetは、欧州を中心に1998年に初めて公開されて以来、力強く、コンパクトで扱いやすいパフォーマンスに加え、卓越した操作性と最先端のストリートファイタースタイルで人気を集めている。

EICMA 2021に出展した下記モデルは、日本での販売を予定している。

・CBR1000RR-R FIREBLADE/CBR1000RR-R FIREBLADE SP/CBR1000RR-R FIREBLADE SP 30th Anniversary
・NT1100

EICMAには、新しいモデルとアップグレードされたモデルに加えて、おなじみの機種の新しいカラーラインアップも展示される。

SH125i/SH150i

 現行のパールナイトスターブラック、タイムレスグレーメタリック、パールスプレンダーレッドの3色に、新たにコンテンポラリースポーツをアピールしたマットパールクールホワイトとマットロックグレーの2カラーを追加。

X-ADV

2022年ニューカラー:マットバリスティックブラックメタリック/マットイリジウムグレーメタリック/ハーヴェストベージュ

Forza 125/Forza 350

Forza 125 2022年ニューカラー:パールファルコングレー/
マットブラックグレーメタリック/
マットパールパシフィックブルーForza 350 2022年ニューカラー:マットカーネリアンレッドメタリック 

CB650R/CBR650R

CB650R 2022年ニューカラー:ソードシルバーメタリック 
CBR650Rのマットガンパウダーブラックメタリックとグランプリレッドは、グラフィック処理が変更されています。

CMX500 Rebel/CMX1100 Rebel

CMX500 2022年ニューカラー:パールオーガニックグリーン 
CMX1100 2022年ニューカラー:パールスタリオンブラウン 

Gold Wing/Gold Wing Tour

Gold Wing 2022年ニューカラー:マットジーンズブルーメタリック 
Gold Wing Tour 2022年ニューカラー:グリントウェーブブルーメタリック/パールグレアホワイト 

著者プロフィール

MotorFan編集部 近影

MotorFan編集部