4年間で1万6000台のウルスを世界中にデリバリー

デビュー4周年を迎えたウルス、ランボルギーニ史上最多販売台数を更新中 【動画】

ランボルギーニ史上最多販売台数を記録、デビュー4周年を迎えたスーパーSUV「ウルス」
ランボルギーニの最多販売台数を更新し続けるスーパーSUV、ウルスはデビュー4周年を迎えた。
ランボルギーニ ウルスが、2017年12月4日にサンタアガタ・ボロネーゼでワールドプレミアされてから4周年を迎えた。アヴェンタドール、ウラカンに続く3番目の生産モデルとしてデビューしたウルスは、パワー、パフォーマンス、ドライビングダイナミクス、デザイン、ラグジュアリー、日常の使い勝手などで、セグメントのベンチマークに君臨。さらに、スーパーSUVという新たなジャンルを切り開いている。

Lamborghini Urus

ランボルギーニの業績を押し上げたウルス

ランボルギーニ史上最多販売台数を記録、デビュー4周年を迎えたスーパーSUV「ウルス」
2017年のウルス投入以来、ランボルギーニは売上高、販売台数、収益などにおいて、大幅な成長を記録することになった。

ウルスは、販売台数、売上高、収益において、ランボルギーニ史上最大の成功作となった。ランボルギーニの売上高は、ウルス販売開始年の10億900万ユーロから、2018年には14億1500万ユーロと40%も成長。2019年には18億1000万ユーロとピークに達し、2020年は新型コロナウイルスのパンデミック期間と重なりながらも16億1000万ユーロを記録している。

販売台数も大幅に増加。ウルスの本格的なデリバリーがスタートした2019年は、前年比43%増となる8205台をデリバリー。ウルスの投入により、ランボルギーニの販売台数は2倍近くも成長することになった。

2018年から2021年末までに全世界で合計1万6000台のウルスが納車され、デビュー以来4年連続でランボルギーニにおけるベストセラーを独走。ウルスは世界5大陸全てで販売されており、カスタマーの85%が初めてのランボルギーニとしてウルスを購入している。

ファクトリーの拡張や700名の新規雇用も実現

ランボルギーニ史上最多販売台数を記録、デビュー4周年を迎えたスーパーSUV「ウルス」
ウルスの好調を受けて、ランボルギーニはサンタアガタの本社ファクトリーの規模を2倍に拡張。さらに700名の新規雇用も実現している。

サンタアガタ・ボロネーゼの本社ファクトリーもウルスの好調に合わせて拡張。生産施設は8万平方メートルから16万平方メートルへと倍増し、ペイント工場のほか、フィニッシュ部門、オフィスビル、テストトラック、物流倉庫、トリジェネレーション・プラント、エネルギー・ハブなどが新設された。この変革期を支えるために、人的資本にも大規模な投資を行っており、わずか4年で700名以上の人材が正社員として採用されている。

ウルスは最高出力650hp・最大トルク850Nmを発揮する4.0リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。0-100km/h加速は3.6秒、最高速度305km/hとスポーツカーをも凌ぐパフォーマンスを実現した。カラーバリエーションも豊富で、販売開始時には16色を展開。現在は専用ペイント工場の新設や、パーソナライゼーションプログラム「アド・ペルソナム」の充実化により、45色以上のカラーから選べるようになった。

ウルスはその並外れた高性能により、様々な記録にもチャレンジしてきた。2021年3月にはロシアのバイカル湖で行われた氷上イベント「Days of Speed」に参加し、氷上におけるスピード記録を樹立。この際に1000メートルの距離で最高速度298km/hに達し、スタンディングスタートからの平均速度114km/hを記録している。

ランボルギーニ ウルスを動画でチェック!

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部