新型シボレー コルベット、日本カー・オブ・ザ・イヤーのハイパフォーマンス・カー部門を受賞

シボレー コルベット、日本カー・オブ・ザ・イヤーの「ハイパフォーマンス・カー」部門に輝く。GM車初の快挙!

シボレー コルベット、日本カー・オブ・ザ・イヤーの「ハイパフォーマンス・カー」部門を受賞
8代目の新型シボレー コルベットが、「2021-2022 ハイパフォーマンス・カー・ザ・イヤー」に輝く。
ゼネラルモーターズ・ジャパン(GMジャパン)が日本に導入するハイパフォーマンス・スポーツカー「シボレー コルベット」が、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が選定する2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、「2021-2022 パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

Chevrolet Corvette

2021-2022 ハイパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

シボレー コルベット、日本カー・オブ・ザ・イヤーの「ハイパフォーマンス・カー」部門を受賞
8世代目のコルベットは歴代初めてミッドシップレイアウトを採用して大幅な進化を遂げた。その動力パフォーマンスの高さ、スーパースポーツクラスとしてはリーズナブルな価格などが評価された。

日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会は、「シボレー コルベット」を「2021-2022 パフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」に選定した理由を以下のように述べています。

「シボレーブランド初のミッドシップスポーツカーながら完成度の高いハンドリングを実現している。502馬力を発生する6.2リッターV8エンジンを搭載して官能的な走りを披露する一方、日常域での扱いやすさや右ハンドルを設定したこと、さらに、ヨーロッパの3000万円級のスーパーカーにも劣らない性能ながらアフォーダブルな価格設定も評価された。」

GM車としては初の戴冠

シボレー コルベット、日本カー・オブ・ザ・イヤーの「ハイパフォーマンス・カー」部門を受賞
2020年11月1 日から2021年10月31日までに日本国内において発表された乗用車を対象に、60名を上限とした選考委員の投票によって決定される2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー。シボレー コルベットは「ハイパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

GMジャパンの若松社長は、と感慨深げにコメントを残している。

「皆さまから高い評価を頂き、この度『シボレー コルベット』が栄誉ある賞を頂戴しました。GM車の受賞は初めてのことであり、非常に光栄に思っています。多くの皆さまからのご支援に感謝いたします。これからもGMらしい魅力的で個性的な製品を投入し、日本市場での存在感を高めてまいります」

シボレー コルベット コンバーチブルとニッサン GT-R プレミアムエディションの走行シーン

日米の威信を懸けたスーパースポーツ対決! 新生コルベットと熟成のGT-R、楽しいのはどちらか?

コルベットに初のリトラクタブルハードトップを採用したオープンモデルが追加された。スーパースポ…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部