ベントレー、2021年は前年比31%の成長を達成

ベントレーモーターズ、ハイブリッドモデルの需要拡大により過去最高の販売台数を更新

ベントレーの好調を後押ししたフライングスパーとベンテイガ。
ベントレーの好調を後押ししたフライングスパーとベンテイガ。
ベントレーモーターズは、2021年の総販売台数が1万4659台となり、2020年比で31%も増加したことを発表した。この大きな成果は、新型モデルの導入、魅力的な製品ラインナップの確立、新戦略「ビヨンド100」のもとで導入されたハイブリッドモデルへの需要の増加によってもたらされた。

ベンテイガ ハイブリッドが好調を牽引

過去最高となる、1万4659台を販売したベントレー。その好調を後押ししたベンテイガ。
ベントレーの好調なセールスを牽引したのは、ハイブリッドが世界中で人気を集めたSUVモデルのベンテイガ。フライングスパーの通年販売も、好調を後押しした。

2021年、新型ハイブリッドモデルの成功により、ベンテイガは発売5年目にして過去最高の販売台数を記録。世界で最も成功したラグジュアリーSUVとしての地位を確立した。さらに、フライングスパーが通年にわたり世界中で販売されたこと、コンチネンタルGT スピードが発売されたこともこの成功を後押ししている。

ベンテイガが全体のシェア40%を占めており、ベントレーの高級グランドツアラーの決定版であるコンチネンタルGTが33%(クーペ60%/コンバーチブル40%)の割合。ハイブリッドへの需要が拡大していることから、27%のシェアを記録したフライングスパーの販売台数はさらに伸びると予想されている。

2年連続で過去最高の売上を記録

ベントレー、ハイブリッドモデルの需要拡大により過去最高を更新する1万4659台を販売。
新型コロナウイルスの影響が残る中で、ベントレーは2年連続で過去最高の売上を記録した。

世界の販売実績について、ベントレーモーターズの会長兼CEOを務めるエイドリアン・ホールマークは、次のようにコメントした。

「2021年も予断を許さない年でしたが、大きな逆風を乗り越えて飛躍的な成長を遂げたことを確認でき、大変嬉しく思います。これは当社のブランド力、オペレーションの卓越性、世界的な需要、そして当社の戦略的優先事項の確証を示すものであり、2年連続で過去最高の売上を記録できました。」

「ベンテイガハイブリッドの市場導入に対する反応とフライングスパー ハイブリッドへの期待はラグジュアリー市場の方向性を示しており、私たちはその最前線に位置しています。この数字は私たちが販売台数と市場シェアで業界をリードしているだけでなく、電動化技術への投資と世界初のフル電化、ゼロカーボンのラグジュアリーカーメーカーになることを証明するものです 」

日本において過去最高の596台を販売

ベントレー、ハイブリッドモデルの需要拡大により過去最高を更新する1万4659台を販売。
ベントレーの最多販売市場は、2021年も米国と中国となった。日本市場においては、過去最高となる販売台数596台を記録した。

アメリカ地域の販売台数は4212台で、2020年の3035台から39%の増加。コンチネンタルGT スピードの導入とフライングスパーの通年販売により、この地域がベントレーの最多販売市場となった。ベントレーの販売台数が2年連続で最も伸びたのは中国で、前年の2880台に対して40%増の4033台を記録。4ドアモデルが人気の市場で、フライングスパーとベンテイガが好調な販売を維持したことが理由に挙げられている。

欧州では2020年の2193台に対して2520台をデリバリーし、15%の増加。ベントレーのホームマーケットである英国では一貫して好調を維持して1328台を販売。また、中東地域には915台が納車された。

日本を含むアジア太平洋地域は2020年の販売台数が1203台で、2021年は37%増の1651台を販売。こちらも過去最高の業績となった。日本においても過去最高となる販売台数596台(30%増)を達成している。

コンチネンタルGTシリーズは、10万円から50万円の価格アップとなる。

ベントレー、日本国内向け2022年モデルの価格を改定。全モデルが10万円から50万円の価格アップ

ベントレーモータースジャパンは、2021年1月5日、ベントレーの2022年モデルの新たな価格…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部