ノーマルのDBX比で157ps/200Nmアップしたアストンマーティン謹製の高性能SUV

アストンマーティンの最強SUV、DBX707! スーパースポーツに伍するラグジュアリーSUVの秘密とは?

アストンマーティン DBX707のフロントビュー
アストンマーティンは、2022年2月1日にDBXのフラッグシップモデル、DBX707を発表した。707ps/900NmのV8ツインターボを搭載し、パワーアップに合わせて足まわりや制御系も強化した。
アストンマーティン DBXにハイパフォーマンスモデルが加わった。「DBX707」が搭載するのは707ps/900Nmのパフォーマンスを誇る4.0リッターV8ツインターボエンジン。“世界で最もパワフルなラグジュアリーSUV”を標榜する1台は、2022年第2四半期のデリバリー開始を予定している。

Aston Martin DBX707

707ps/900Nmを発揮する4.0リッターV8ツインターボを搭載

アストンマーティン DBX707のサイドビュー
アストンマーティン DBX707は、フロントスプリッターやリヤディフューザー、リップスポイラーなどエアロダイナミクス面を重視した新ディテールを随所に採用している。

巷間に溢れるSUVとは一線を画す流麗なスタイリングと上質な仕立て、そして何よりドライバビリティの高さで支持を集めているアストンマーティン製SUV、DBX。そのDBXに、フラッグシップモデルとなる「DBX707」が追加された。

車名の“707”は馬力を表す数字だ。フロント側にミッドマウントする4.0リッターV型8気筒ツインターボユニットは、最高出力707ps、最大トルク900Nmを発生する。ノーマルのDBXから157ps/200Nmそれぞれアップしており、0-100km/h加速も1.2秒速い3.3秒と、スーパースポーツ並みの俊足ぶりを誇っている。最高速度も291km/hから310km/hに引き上げられた。

カーボンセラミックブレーキを前後に標準装備

アストンマーティン DBX707のホイール
アストンマーティン DBX707は前後にカーボンセラミックブレーキを標準装備。ホイールは22インチが標準で、オプションに23インチもラインナップする。

トランスミッションには湿式多板クラッチを採用した9速ATを組み合わせ、アクティブ4WDシステムを介して707ps/900Nmを4輪へ余すことなく伝達する。900Nmの大トルクに合わせてeデフにも改良を加えており、「コーナリング時の俊敏性、スポーツフィール、ダイナミクスは、すべて真のスポーツカーと呼ぶに値するレベルに達している」と公式資料に謳う。ちなみに、前後トルク配分は基本的に状況に合わせて適宜自動で制御されるが、必要に応じてリヤに100%のトルクを配分することも出来るようになっている。

パワーアップに合わせてブレーキ性能も強化しており、前後にカーボンセラミックブレーキを標準で搭載。頼もしく安定した制動力を発揮するのはもちろん、ばね下重量の軽減にも貢献していて、4輪合計で40.5kgのダイエットに成功しているという。さらにエアインテークやアンダーフロアの構造も見直し、効率的にブレーキシステムを冷却する仕組みとした。タイヤ・ホイールは標準で22インチを装着するが、オプションで23インチを選択することも可能である。

サスペンションやステアリングも専用チューン

アストンマーティン DBX707のシート
アストンマーティン DBX707はスポーツシートがスタンダード設定となる(コンフォートシートも無償オプションとして用意)。

3チャンバー式エアスプリングや電動パワーステアリングなど、ドライバビリティに関わる制御部分もすべからく“707”向けに専用チューニングを実施。すでに定評のあるDBXのステアリングフィールやドライブフィールを、さらにもう一段引き上げることに注力している。加えて48Vシステムを使った電動アンチロール制御システム「eARC」もパラメータを変更し、より俊敏な挙動をもたらす味付けとした。

ドライバーオリエンテッドなSUVとして開発した証として、走行モードの選択スイッチには「Race Start」機構が追加されている。V8ツインターボの屈強なパワーを最大限引き出して痛快な発進加速を体験できるというものだが、パフォーマンスの高さを鑑みるとサーキットなどのクローズドコースで試すのが懸命だろう。ちなみに、走行モード選択や車両セットアップが直感的に行えるように、DBX707ではわざわざコンソール部分も改良。インフォテインメントシステムのトップ画面からサブメニューを呼び出して・・・という手間を省けるよう、物理的コントローラーを配置している。

すべての改良は“走り”のために

アストンマーティン DBX707のリヤビュー
アストンマーティン DBXの持つ“普通のSUVとは一線を画す”ムードが、一段と色濃くなったDBX707。新しいエアロパーツやバンパーの採用により、筋肉質で量感的なボディがさらに際立っている。

外観のアップデートも、主に機能向上のために行われている。エンジンとトランスミッションの冷却性能を高めるための大型フロントグリル、ブレーキ冷却用ダクト、フロントスプリッター、改良型のリップスポイラー、大型化したツインリヤディフューザーなど、エアロダイナミクスを意識した新ディテールを随所に採用。また、ノーマルでは2本出しだったテールパイプは、大迫力の大径4本出しに変更されている。

DBX707は2022年第1四半期に生産をスタート。2022年第2四半期よりデリバリーを開始する予定だ。

【SPECIFICATIONS】
アストンマーティン DBX707
ボディサイズ:全長5039 全幅1998 全高1680mm
ホイールベース:3060mm
車両重量:2245kg
地上高:190-235mm
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3982cc
ボア×ストローク:83.0×92.0mm
圧縮比:8.6:1
最高出力:520kW(707ps)/6000rpm
最大トルク:900Nm/2600–4500rpm
トランスミッション:9速AT
駆動方式:AWD
サスペンション形式:前ダブルウィッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
ディスク径:前420 後390mm
タイヤサイズ:前 285/40YR22 後325/35YR22(ピレリ Pゼロ)
最高速度:310km/h
0-100km/h加速:3.3秒

【問い合わせ】
アストンマーティン ジャパン
TEL 03-5797-7281

【関連リンク】
・アストンマーティン 公式サイト
https://www.astonmartin.com/ja

アストンマーティン V12 ヴァンテージのロゴ

アストンマーティン V12ヴァンテージ、ファイナル・エディションとして2022年に復活!

アストンマーティンはヴァンテージのラインナップにV型12気筒エンジンを搭載する「V12 ヴァ…

著者プロフィール

三代やよい 近影

三代やよい

東京生まれ。青山学院女子短期大学英米文学科卒業後、自動車メーカー広報部勤務。編集プロダクション…