ポルシェ最大市場の中国に新たなCEOが就任

ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュCEO、6月からポルシェチャイナとポルシェ香港・マカオのCEOに就任

新たにポルシェチャイナとポルシェ香港・マカオのCEOに就任した、ミヒャエル・キルシュ。
6月から新たにポルシェチャイナとポルシェ香港・マカオのCEOに就任する、現ポルシェジャパンのミヒャエル・キルシュCEO。
ポルシェAGは、現ポルシェジャパンCEOのミヒャエル・キルシュ(Michael Kirsch)が、2022年6月1日付でポルシェチャイナ(中国)、ポルシェ香港・マカオの社長兼最高経営責任者に就任すると発表した。

ポルシェジャパンCEOから中国のトップへ

ポルシェジャパンのCEOとして、2019年から活動してきたミヒャエル・キルシュは、2012年〜2016年まで働いていた中国へトップとして赴任する。
ポルシェジャパンのCEOとして、2019年から活動してきたミヒャエル・キルシュは、2012年〜2016年まで働いていた中国へトップとして赴任する。

2019年からポルシェジャパンのCEOを務めたミヒャエル・キルシュは、それ以前の3年間、ポルシェコリア(韓国)で同じ役職に就いており、2012年~2016年はポルシェチャイナ最高執行責任者として市場の詳細な洞察を得てきた人物。ポルシェへの入社前は、BMWと国際的なホテル運営会社で上級管理職を歴任したキャリアを持っている。

ポルシェAGのセールス及びマーケティング担当取締役のデトレフ・フォン・プラテンは、今回の人事異動について次のように説明した。

「ミヒャエル・キルシュは、様々な役割においてアジアにおけるポルシェの発展に貢献してきました。世界で最も重要な市場のひとつであるポルシェチャイナのCEOに彼を任命することは最適な選択といえます。キルシュは、特に顧客満足度とサービス品質への取り組みにおいて大きな成功を収めています。彼は多くの有効なイニシアチブによって中国市場にさらに弾みをつけて、当社のブランド影響力を高めていくと私は確信しています」と

ポルシェ最大の市場へ成長した中国

ミヒャエル・キルシュの前任だったイェンス・プットファーケンは、アウディAGのヨーロッパ営業部長に就任。彼の就任中の2021年ポルシェは中国市場参入20周年を迎え、さらにポルシェ最大の単一市場に成長した。
ミヒャエル・キルシュの前任だったイェンス・プットファーケンは、アウディAGのヨーロッパ営業部長に就任。彼の就任中の2021年にポルシェは中国市場参入20周年を迎え、さらにポルシェ最大の単一市場に成長した。

中国におけるミヒャエル・キルシュの前任者、イェンス・プットファーケンは、アウディAGのヨーロッパ営業部長に就任。プットファーケンは、2018年からポルシェチャイナ・香港・マカオの社長兼CEOとして、中国におけるポルシェの発展に大きく貢献した。

「イェンス・プットファーケンは、中国での当社のブランドポジションを高め、顧客ベースとディーラーネットワークの両方の拡大に成功しました。彼は中国の強力で献身的なチームを率いて、このダイナミックな市場でブランドを結束してきました。私たちは彼の多大な貢献に感謝し、新しい役割における成功を祈ります」と、フォン・プラテンは感謝を述べている。

プットファーケンの在職期間中の2015年から中国はポルシェ最大の単一マーケットとなり、その規模、大きなダイナミクス、革新力により、ブランドにとって戦略的に重要な市場へと成長した。

ポルシェはプットファーケンのリーダーシップの下でビジネスを継続的に拡大し、電動化、革新、及びデジタル化の観点から投資を行っている。2019年にポルシェデジタルチャイナを設立し、上海の研究開発サテライトロケーションが2022年にオープンする予定となっている。

フル電動モデルのタイカンだけでなく、様々な電動モビリティへの関与を進めるポルシェ。

ポルシェ、Eバイク関連会社を買収。多角的な電動モビリティ戦略を推進

ポルシェは、急速に成長するEバイク(電動自転車)市場への関与を拡大している。今回、Eバイクの…

著者プロフィール

GENROQweb編集部 近影

GENROQweb編集部