【デモカーチェック】特別仕様の軽量エアロを纏いし「戦う営業車」|プロサク最適チューン

まだたぶん「密かな」人気車!! 唯一無二のビジネスカーをカスタムする!?|トヨタ・プロボックス/サクシードの最適チューンはコレだ!

非力な商用2ボックスでありながらワンメイクレースが開催されるほど、走りの一台として評価されているのがプロボックス/サクシード。もちろん、タマ数豊富でお手頃な車両価格やMTモデル設定といった部分もあるのだが、プロサク専門店としてオリジナルパーツも多数揃えてチューニングへ取り組んで来たジャンプオフオートモービルの花本代表いわく「足まわりとタイヤ、LSDを与えるだけで驚くほど旋回性が高まって、とにかくハンドリングが楽しい。そこから速さを引き出していこうとすれば細かなセットアップが必要になりますけど、荷物もガッツリ積めてスポーツ走行まで楽しめるなんてプロサクぐらいですよ」とのこと。そんなプロサクの名手が導き出したチューンナップの内容をまずはチェックしていこう。

プロサク伝道師が導き出した、最適解とは?

▶▶▶プロボックス/サクシードの最適チューン記事シリーズ一覧はコチラから!

ワンメイクレースとして開催されるJPSCを戦いつつ、〝スポーツ走行が楽しめる最速営業車〟としての最適解をデモカーのプロボックスで探ってきたジャンプオフモービル。

スポーツ走行を楽しむ上で最大の武器となる旋回性の高さをオリジナル車高調やアライメントで研ぎ澄ましつつ、チューンドマシンとしての魅力も備えるため、限られたエンジンポテンシャルを最大限に引き出していくタコ足やフルコンキットを開発。

デモカーで培ってきたノウハウをオリジナルパーツやユーザーカーのセットアップで惜しみなくフィードバックし、プロサクチューンを盛り上げているのだ。

こだわりの作り込みやオリジナルパーツはそれぞれクローズアップしていくが、もっとも注目してもらいたいのはスピリットへオーダーして仕上げたオリジナル車高調。

トラクションを稼ぐフロントタイヤの面圧、良くも悪くもプアなリア足の接地性確保など、走り込みを重ねる中で理想に導いたストローク重視の味付けは、スポーツ走行にウエイトを置いたハイレート仕様でもストリートの乗り心地良さが確保されたものとなっている。

プロサクが持つ魅力を存分に味わいたいなら、ジャンプオフオートモービルのオリジナルパーツとセッティングノウハウ注入は欠かせないゾ!

エアロパーツは軽さも追求した特別仕様

SPECIFICATION
■ベースカー:プロボックス(1.5L/MT)
■ホイール:エンケイ・RP F1RS(15×8.0J+28)
■タイヤ:ヨコハマ・アドバンA052(195/50R15)
■エアロパーツ:F/S/R=ウォーカージャパン(ジャンプオフ専売軽量モデル)
■チューニング:ECU&エキマニ&イグニッションコイル&車高調&ブレーキ=ジャンプオフオリジナル、エアクリーナー=HKS、マフラー=メーカー不明、ストレートパイプ=ティークライム、特注アルミ2層ラジエター=KOYO、オイルクーラー10段=HPI、フロアサポートバー=スーパープライベート、アッパーサポート=アクティブ、リアサスペンションアームシート=藤村オート、ブレーキ=ウィルウッド、ブレーキパッド=エンドレス、リアブレーキシュー=プロジェクトμ、ヴィッツ用カッパーミックス=クスコ、フライホイール=オリジナル、LSD=クスコ
■インテリア:シート=レカロ、ステアリング=ナルディ、追加メーター=ディフィ
■その他:フットレスト=ジャンプオフオリジナル

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

著者プロフィール

stylewagon 近影

stylewagon