テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/06/19
  • MotorFan編集部

SUBARU 北海道・美深試験場に高度運転支援技術テストコースを新設

EyeSightのその先を目指して。今年下半期に運用開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUBARUのスバル研究実験センター美深試験場
スバルは、高速道路の分合流」など高度な運転支援技術の開発に向けたテストコースを新設した。場所は、スバル研究実験センター美深試験場だ。運用開始は今年下半期となっている。

SUBARUは、スバル研究実験センター美深試験場(北海道中川郡美深町)のテストコースを改修し、今後の運転支援技術の高度化に向けた技術開発に活用すると発表した。

美深試験場は、冬季雪上試験を目的とした開発拠点として1995年に開設。総敷地面積361ヘクタールのなかに、寒冷地走行試験のためのコースに加え、高速走行路やハンドリング路など有し、通年に渡り様々な試験を実施している。 これまでは特に冬季のテストに重きを置いていたいが、自動運転技術競争で優位に立つために、年間通して運転支援技術開発のテストを行なえるように整備したわけだ。

こうした動きは、各自動車メーカー、部品サプライヤーに共通する傾向だ。

SUBARUは、中期経営ビジョンで掲げる「SUBARUブランドを磨く」取り組みの一環として、総合安全NO.1ブランドを目指し、運転支援システム「アイサイト」のさらなる進化に向けた技術開発を進めていく。
 
この開発をさらに加速させるため、「高速道路のカーブ」「高速道路の分合流」「市街地を想定した交差点」など、高度化していく運転支援技術開発に必要となるテストコースを、美深試験場の中に新設する。なお、設備投資額は約30億円、2017年度下期に運用を開始する予定だ。 

自動車業界の最新情報をお届けします!

ラジオ モーターファン

大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る