Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

姫路工場に電池セルの源泉工程から組立までの一貫ラインを設置 パナソニック、車載用リチウムイオン電池の国内生産体制を強化

  • 2017/10/01
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ・プリウスPHVの駆動用リチウムイオン電池はPanasonic製だ。

パナソニック株式会社は、パナソニック液晶ディスプレイ株式会社姫路工場(以下「姫路工場」)で、新たに車載用リチウムイオン電池の生産を開始することを決定した。

姫路工場で生産される車載用角形リチウムイオン電池。
こちらは、テスラなどが使う円筒形のリチウムイオン電池。

近年、各国において自動車に対する環境規制強化や、環境対応車普及に向けた各種促進政策等により、世界の環境対応車市場は急激に拡大している。これに合わせ、環境対応車に不可欠な車載電池の市場も急成長しており、車載用リチウムイオン電池のリーディングメーカーであるパナソニックに対する自動車メーカーからの期待も大きくなってきている。
パナソニックは、日本、アメリカ、中国において車載電池の生産能力増強を進めてきているが、さらなる生産拡大を図るべく、姫路工場において車載用角形リチウムイオン電池を生産することを決定した。姫路工場においては電池セルの源泉工程から組立までの一貫ラインを設置する計画で、2019年度の生産開始を目指す。
なお、姫路工場においては本件車載用リチウムイオン電池の生産開始以降も、液晶パネルの生産は継続する。

姫路工場の概要
所在地:兵庫県姫路市飾磨区妻鹿日田町1番6号
生産開始 :2010年(液晶パネル工場として)

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ