テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > トヨタ > ヴィッツ > トヨタ紡織は「VODY」と「MOOX」、2種類の車内空間コンセプトを公開【東京モーターショー2017】
  • 2017/10/30
  • 遠藤正賢

トヨタ紡織は「VODY」と「MOOX」、2種類の車内空間コンセプトを公開【東京モーターショー2017】

トヨタ・ヴィッツGRMN用「TBスポーツシート」とラリー走行のVR体験コーナーも設置

このエントリーをはてなブックマークに追加
プレスブリーフィングで出品内容を説明するトヨタ紡織の石井克政社長
10月27日より11月5日まで東京ビッグサイトで開催されている「第45回東京モーターショー2017」で、トヨタ紡織は東6ホールにブースを構えている。

その中で同社は、「VODY」と「MOOX」、2種類の車内空間コンセプトモックアップを公開。「QUALITY OF TIME AND SPACE」を出展コンセプトとし、モビリティ環境が大きく変革する中で同社が目指すモビリティの快適価値 「より豊かで上質な時空間」を提案している。
トヨタ紡織・VODY
VODYのドライブモード。サイドサポートが大きく張り出し、背もたれも起きた状態
VODYのリラックスモード。サイドサポートが格納され、背もたれはやや寝た状態に

VOID(空間)とBODYを合わせた造語で、人と繋がることで完成する空間を意味する「VODY」は、人とクルマが繋がることで、人に寄り添い進化する移動空間。人の体型や気分に応じて、シート形状や空間がドライブモード、リラックスモード、瞑想モードに変化する。

MOOXの通常モード。2脚のシートが前方を向いて前後斜め方向に配置されている
MOOXの通常モード。2脚のシートが前方を向いて前後斜め方向に配置されている
MOOXのサイドウィンドウをタッチスクリーンとしてショッピング。2脚のシートは車両右側中央を向いている

MOBILEとBOXを合わせた造語で、移動時間を自在に活用できる個室を意味する「MOOX」は、完全自動運転を想定し、自由自在なシートレイアウトで移動や駐車時間を多様な用途に使える個室空間。カラーセラピーやアロマ、音楽や健康促進で心と体をメンテナンスしてくれる。

トヨタ・ヴィッツGRMN用「TBスポーツシート」とラリー走行のVR体験コーナー

さらに、トヨタ・ヴィッツGRMNに装着予定の「TBスポーツシート」と、同車による林道でのラリー走行をVR体験できるコーナーも設置。身体全体をバランス良く支えるホールド性とソフトな感触を両立したセミバケットシートの感触を確かめることができる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
ロッカーアーム
支点を中心として揺動し、一端もしくは中間をカムで押され、他端でバルブを開閉す...
インタークーラー付きターボエンジン
排気ターボで圧縮し昇温した空気をインタークーラーで冷却し、エンジンの吸気マニ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated