Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. ニュース

ミリ波レーダー&単眼カメラの性能アップで夜間歩行者と自転車に対応、「レーントレーシングアシスト(LTA)」を実装 2018年より導入開始!「トヨタセーフティセンス」「レクサスセーフティシステムプラス」が第二世代へ進化

  • 2017/12/02
  • 遠藤正賢
このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタ自動車は11月29日、予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」および「レクサスセーフティシステムプラス」を第二世代へ進化させ、2018年より順次、各車へ導入することを発表した。

「トヨタセーフティセンス」新旧機能比較

トヨタブランド向けの「トヨタセーフティセンス」では、レーザーレーダーおよび単眼カメラによる「トヨタセーフティセンスC」と、ミリ波レーダーと単眼カメラによる「トヨタセーフティセンスP」の2種類が設定されている。

「レクサスセーフティシステムプラス」新旧機能比較

また、レクサスブランド向けの「レクサスセーフティシステムプラス」ではミリ波レーダーと単眼カメラによるシステムのみ設定されているが、第二世代では両者とも、ミリ波レーダーと単眼カメラのシステム構成を踏襲する。つまり、「トヨタセーフティセンス」は「トヨタセーフティセンスP」の進化版に一本化される。

そのうえで、ミリ波レーダーおよび単眼カメラの性能アップなどにより検知対象を拡大し機能を進化。高度運転支援機能(レクサスブランド向けは「レクサスコドライブ」)として「レーントレーシングアシスト(LTA)」を採用しつつ、ユニットを小型化し搭載性を向上させる。機能面における進化の詳細は下記の通り。

【検知対象の拡大と機能向上】

「プリクラッシュセーフティシステム(PCS)」夜間歩行者検知機能イメージ
「プリクラッシュセーフティシステム(PCS)」自転車運転者検知機能イメージ

「プリクラッシュセーフティシステム(PCS)」に、従来のシステムでは検知できなかった「夜間歩行者」、「自転車運転者」の検知機能を追加することにより、重大事故の原因をより広くカバーする。

また、「ロードサインアシスト(RSA)」を導入。カメラが主要な道路標識を読み取りインストルメントパネル内に表示することで、制限速度や一時停止、進入禁止、はみ出し禁止などの交通規制の見落とし軽減に寄与し、安全運転をサポートする。

【高度運転支援機能の採用】

「レーントレーシングアシスト(LTA)」作動イメージ
ドライバーの負担低減・利便性向上のため、「レーントレーシングアシスト(LTA)」を採用。「レーダークルーズコントロール」使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、ドライバーのステアリング操作をアシストする。また、「レーダークルーズコントロール」の機能と相まって、自動車専用道路等でのドライバーの負担を軽減し、より余裕を持った運転に寄与する。

同時に、LTAは「レーンディパーチャーアラート(LDA)」の機能も備えることで、白線のない直線道路でも道路端を認識し、路外逸脱の危険性がある場合は警報と回避操舵のアシストを行う。

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

学生フォーミュラ2019:全車両カタログ

学生フォーミュラ2019:全車両カタログ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ