Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. カタログ
  3. スズキ|SUZUKI
  4. スペーシア

日立オートモティブシステムズ:セントラルゲートウェイがスズキの新型車に搭載

  • 2017/12/27
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
スペーシア(左:HYBRID X)とスペーシア カスタム(右:HYBRIDO XSターボ)

日立オートモティブシステムズが開発した、車載通信網における情報処理の高効率化と通信情報の高信頼化に寄与するセントラルゲートウェイが、スズキの車両向けに初採用され、スズキより2017年12月から全面改良して販売開始されたハイトワゴンタイプの軽乗用車、新型「スペーシア」および「スペーシア カスタム」に搭載される。

近年、 自動車における電子制御化の進展とともに、車両1台あたりのECU(Electronic Control Unit:電子制御ユニット)の搭載数が増加し、併せてECUで処理する情報量も増大している。それに伴い、複数のECU間をつなぐ通信網も複雑化、車載通信網における情報処理の高効率化に加え、通信情報の高信頼化が求められている。

今回、スズキの新型「スペーシア」および「スペーシア カスタム」に搭載される日立オートモティブシステムズのセントラルゲートウェイは、複数のECU間で通信される大量の情報を中継機能として監視し、 必要とされるデータのみをECUに転送することで、車載通信網における情報処理の高効率化と通信情報の高信頼化に寄与する。

なお同社は、より高度な自動運転システムやインフラなどの外界とつながるコネクテッドカーの実現に向けて、今回開発したセントラルゲートウェイの機能を今後さらに拡張させていく予定。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

自動運転特集

自動運転特集 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

MotorFanオリジナル自動車カタログ

自動車カタログTOPへ

MotorFan厳選中古車物件情報

中古車TOPへ