テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2017/12/31
  • Motor Fan illustrated編集部

トヨタ:用品・特装事業の新会社を設立

用品・特装事業を手掛ける3社を統合、グローバルでの事業強化を目指す

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車(以下、トヨタ)は、子会社のトヨタテクノクラフト(以下、テクノクラフト)、ジェータックス(以下、ジェータックス)、トヨタモデリスタインターナショナル(以下、モデリスタ)を2018年4月1日に統合し、新会社を設立することを決定した。

トヨタは、顧客ニーズが多様化し、車両だけではなくカスタマイズ領域も含めたクルマづくりが今後更に求められる中、そのニーズに応えられるサービスの提供が重要であると判断した。

テクノクラフト、ジェータックス、モデリスタの3社は、共通性のある事業を有しており、これまでも協力してトヨタとの事業展開を図ってきたが、グローバルな競争が益々激化している中、トヨタグループの用品・特装事業の中核会社として、企画・開発・生産・販売等、全ての分野で競争力を高め、魅力ある商品の提供を通じてグローバルで事業拡大していくことが求められている。

今回の統合は、3社のノウハウを結集し、経営資源を総合的、効率的に活用することで、用品・特装事業の機動性を活かした商品バリエーション展開で顧客のニーズに応えるとともに、トヨタのモータースポーツ活動を支える開発支援体制を強化していくことで、トヨタが目指す「もっといいクルマづくり」にも寄与できると考えているという。

具体的には、

・ 多様化する顧客ニーズに対応した、用品・特装分野でのさらなる商品開発力、コスト競争力の強化
・ グローバルでの用品・特装事業の拡充、強化
・ モータースポーツ支援体制の強化と魅力的なパーツの提供
・ 企画・開発・生産・販売・管理などあらゆる部門での効率化

などに取り組んでいく。

新会社および統合当事会社の概要

【新会社の概要】
会社名 2018年1月頃決定予定
事業内容 用品・架装事業、特装事業、モータースポーツ事業、トヨタからの開発業務受託事業
統合時期 2018年4月
本社所在地 神奈川県横浜市港北区師岡町800番地
代表者 取締役社長 稲垣 和也
資本金 17億円
従業員数 1040人

統合当事会社の概要(2017年3月31日現在)

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated