テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/03/13
  • Motor Fan illustrated編集部 鈴木慎一

熱効率40%超え。トヨタの新型エンジンDynamic Force Engine 2.0ℓ搭載モデルはこれから続々

このエントリーをはてなブックマークに追加
Dynamic Force Engine 2.0ℓ
カムリに搭載されて登場したTNGAの新エンジンシリーズA25A型(Dynamic Force Engine 2.5ℓ)に続いて、2.0ℓ版が登場した。コンベで40%、ハイブリッド版で41%という熱効率の高さが新エンジンのキーポイントだ。最初に搭載するのは、次期トヨタ・オーリスとレクサスUXになる。

エンジンの熱効率のスタンダードを押し上げるトヨタの新エンジン、Dynamic Force 2.0ℓ。直列4気筒単筒容積500ccの自然吸気エンジンである。TNGAによる新しいエンジンでコンベとHEV用の2スペックが用意されるが、前者が40%、後者が41%という極めて高い熱効率を実現している。上の図を見てもわかるとおり、この熱効率は従来の比出力と熱効率のトレードラインを大きく離れたものだ。この高い熱効率のために、最新技術を惜しみなく投入した。

このエンジンは、カムリに積んでデビューしたDynamic Force 2.5ℓ版であるA25A型の2.0ℓ版と考えればいい。基本コンセプト、燃焼の考え方は同じ。ただし、この1年で進化した部品やユニットを積極的に採り入れているという。2.0ℓ版が世界で初採用した「レーザーピットスカートピストン」も、今度は2.5ℓ版へ入れていくと予想できる。これがトヨタが狙うモジュラーエンジン開発のシナジー効果だからだ。圧縮比がコンベが13.0、HEVが14.0というのも2.5ℓ版と同じだ。搭載方向は、後方排気である。このエンジンは、TNGAのメインエンジンのひとつとなり、日本、中国、北米、南米、欧州の5拠点で生産される。最初に搭載されるのが、ジュネーブショーでデビューしたトヨタ・オーリスとレクサスUXになる。

2.0ℓDynamic Force Engine(コンベ用)
エンジン形式:直列4気筒DOHC
排気量:1986cc
ボア×ストローク:80.5×97.6mm
圧縮比:13.0
燃料噴射:D-4S(DI+PFI)
最高出力:126kW/6600rpm
最大トルク:205Nm/4800rpm
改変バルブタイミング:In/Ex
排出ガス規制対応:ULEV50

新型Dynamic Force Engine 2.0のディテールに迫る

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

関連キーワード


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る