Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

NTN:和歌山県にラジアル軸受の生産を行う「(仮称)和歌山製作所」を新設

  • 2018/03/23
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
和歌山製作所完成予想図

NTNは、和歌山県橋本市にラジアル軸受の生産を行う新拠点 「(仮称)和歌山製作所」を新設する。和歌山製作所では、自動車の電動化や産業機械の需要回復を背景に、急速に需要の高まりをみせる低摩擦や長寿命をはじめとする高付加価値のラジアル軸受の生産を行う。和歌山製作所に生産性や稼働率の向上を目的とした新設備・システムの導入を行い、スマートファクトリ化を進めるとともに、国内外の拠点にも展開し事業強化を図っていく。

近年、自動車市場においては油圧制御の電動化や EV(電気自動車)シフトが急速に進展し、モータや駆動伝達部に使用されるラジアル軸受においても、低摩擦や低振動、長寿命など、高付加価値商品の市場ニーズが増加している。また、産業機械市場においても建設機械やロボット、工作機械向けなど多くの業種で需要の回復を受け、NTNの ULTAGE(アルテージ)シリーズをはじめとする高付加価値商品の需要が増加している。

ラジアル軸受は、軸に対して垂直方向にかかる荷重を受けるタイプの 軸受で、ボールベアリング(深溝玉軸受)が代表的。モータなどの回転軸を支える部位に使用され、回転する際の摩擦を減らすことで、軸のなめからな回転と、エネルギーの損失の低減に貢献している。

このたびの新工場の設立により、これまで日本各地に分散していたラジアル軸受の生産を再編成するとともに、高付加価値商品の生産を和歌山製作所に集約する。また、和歌山製作所ではスマートファクトリ化を推進し、資材投入から加工・出荷までの一連の工程を IoT・AI システムで最適化・自動化する、高い生産性を有する新たな設備を導入する。新設備・システムの導入により、長寿命化や装置コンパクト化などの市場ニーズに適合した新商品への対応や試作納期の半減、さらには生産リードタイムを従来比で 1/3 に短縮し、高品質な商品を世界へスピーディに供給していく。

2018年7月から順次着工し、2019年6月から量産を開始予定。



■(仮称)和歌山製作所の概要
所在地:和歌山県橋本市
事業内容:ラジアル軸受、ベアリングユニット等の製造
敷地面積:約 109,100 m²
延床面積:約 60,100 m²
従業員数:約 350 名(2019 年度予定)

自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

学生フォーミュラ2019:全車両カタログ

学生フォーミュラ2019:全車両カタログ 一覧へ

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費

ステージごとにみっちり計測! これが本当の実燃費 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

ルノー・メガーヌGT長期レポート

ルノー・メガーヌGT長期レポート 一覧へ

オービス対策‼ 交通取締情報局

オービス対策‼ 交通取締情報局 一覧へ