テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/24
  • Motor Fan illustrated編集部

NTN:超高角高効率固定式等速ジョイント「CFJ-W」を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
固定式等速ジョイント「CFJ-W」
NTNは、自動車の前輪用ドライブシャフトとして、高効率で 世界最高の最大作動角 55°となる固定式等速ジョイント「CFJ-W」を開発した。

 自動車の前輪用ドライブシャフトのタイヤ側に使用される固定式等速ジョイントは、操舵に合わせて作動角をとりながら、エンジンやモータの動力をタイヤに伝達する重要な役割を果たす。また、等速ジョイントの最大作動角が大きいほど、車両の操舵角の拡大につながり、車両の最小回転半径(ハンドルを最大限切って旋回した際に、外側のタイヤが通る軌跡の半径)の縮小化に貢献できる。

 これまでにもNTNは、2012年から最大作動角50°の高角固定式等速ジョイント「VUJ」の量産を開始し、軽自動車からSUVまで幅広く市場ニーズに対応してきた。一方、自動車の多様化が急速に進む中、固定式等速ジョイントにはさまざまな機能が求められており、特に、近年ますます人気が高まっているSUVや4WD車向けにはさらなる最大作動角の拡大と高効率化に対する要望が寄せられている。

 今回開発した「CFJ-W」は、2012年に発表した「次世代高効率固定式等速ジョイント(CFJ)」をベースに、自動車の前輪用ドライブシャフトに要求される「50°を超える超高作動角」と「高効率」を実現するため、各部品の高強度化と潤滑性の改善を行うとともに、NTN独自の技術であるスフェリカル・クロスグルーブ構造(円弧状の内輪および外輪のボール転動溝を軸方向に互い違いに傾斜させた構造)を採用することで、「世界最高の最大作動角55°」と「従来品(VUJ)比でトルク損失率約50%低減」の両立を実現したもの。CFJ-WとはCross groove Fixed Joint with Wide range operating angle の略。

【開発品の特長(従来品「VUJ」比)】
 1) 超高角化:最大作動角 55°(従来品:50°)
 2) 高効率化:トルク損失率を約 50%低減
 3) 外径、重量:同等
【販売目標】
 2024 年度 34 億円/年

 NTNは、今回開発した「CFJ-W」をグローバルに提案し市場展開することで、自動車の最小回転半径の縮小や低燃費などをはじめとする、顧客の要求に貢献していく。
 なお、本開発品は5月23日~25日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展される。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated