テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/24
  • Motor Fan illustrated編集部

モジュールで一括提案、最大効率を図る吸気システム [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

ケーヒン 「次世代ガソリンエンジン用吸気モジュール」

このエントリーをはてなブックマークに追加
源流である吸気系パーツ・モジュールのみならず、現在では制御システムやエンジンマネジメントシステムまで、幅広い分野で事業展開しているケーヒン。今回の展示会では“新環境車ソリューションのグローバルブランドへ”をコンセプトとして、電動車用制御システム、空調ユニットといった、四輪車用システム製品を組み合わせたソリューションを公開していた。その中から当サイトでは「次世代ガソリンエンジン用吸気モジュール」に注目した。
●TEXT&PHOTO:川島礼二郎(KAWASHIMA Reijiro)

 今回ケーヒンが公開していた「次世代ガソリンエンジン用吸気モジュール」は、インジェクター・インテークマニホールド・スロットルボディにより構成される。その最大の強みは、完成車メーカーが求めるエンジンに合わせてセッティングして提供できる点にある。これはモジュールで提供できるケーヒンだから実現できたメリットだ。また完成車メーカー側はパッケージとして購入できるから、パーツ選定に頭を悩ます必要がなく、求める性能を手に入れることができる。これはモジュール=パッケージ販売だから実現した。

 では、何処が次世代なのかと言えば、各構成パーツが次世代=最新仕様なのである。例えば、燃料噴射システムは直噴とポート噴射のタンデム仕様として開発されている。またインジェクターは35MPa仕様。スロットルボディも軽量化・コストダウンが図られている。
 その結果、燃費・排ガス・軽量化・コストダウンといった、時代が求める性能を全て高めることに成功している。

直噴インジェクタ
スロットルボディ
インテークマニホールド

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る