テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/25
  • Motor Fan illustrated編集部

京セラ:GLMとの協業で走行可能なコンセプトカーを製作 [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

このエントリーをはてなブックマークに追加
京セラ、GLMともに京都に本拠を構えることもあって、京セラからGLMに声を掛けることで実現したのが、GLMのEVスポーツカーであるトミーカイラZZをベースとしたコンセプトカーの製作だ。京セラ製の12デバイスを装着し、連動して制御すべく動作確認もされている。
●TEXT&PHOTO:塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)

 京セラはカメラや通信モジュール、素材まで幅広く自動車関連部品を手がけている。さらなる認知度向上のために、GLMのプラットフォーム事業を活用し、コンセプトカーを手がけることに決めたという。GLMのプラットフォーム事業は、2017年に発表された旭化成とのコンセプトカー製作などのほか、中国を中心としたアジア、欧州、日本などの幅広い地域の自動車メーカーや部品メーカーから多くの引き合いがある。

 京セラとGLMは、『人とくるまのテクノロジー展2018横浜』の前日、5月22日に、京セラの東京デザインラボで記者会見を開いた。両社の協業は今回が初で、京セラ側は同じ京都のGLMがプラットフォーム事業を手がけているというのはもちろん知っていて、先述したように、自動車関連事業の走る広告塔として、コンセプトカーの製作に踏み切ったという。



 コンセプトカーには、自動運転や先進運転支援システム(ADAS)への活用を想定した、高精細カメラや液晶ディスプレイをはじめ、京セラが得意とするセラミック技術を応用した超薄型スピーカー(ピエゾスピーカー)や、電流で冷却、加熱の温度制御が可能な半導体素子(ペルチェ素子)を使った温度調整装置(シート温調やエアコンに使用する)など、同社の12種類のデバイスやシステム、素材を採用した。


 また、サイドミラー、ルームミラーに電子ミラーを採用し、ルームミラーとドアに設置されたモニターに、高感度カメラで撮影された後方の映像が映し出される。
 前後左右4台のカメラ映像を使い、車体周辺の映像を合成し表示するサラウンドビューカメラや、高精細液晶ディスプレイに内蔵したカメラで運転者の視線の動きを認識し、よそ見運転などを警告する「DMS(ドライバーモニタリングシステム)」など、「先進運転支援システム(ADAS)」を見据えた計9台のカメラとそれと連動するシステムも実装する。


 ほかにも、パネルを指でタッチすると、微細な振動で立体をクリックしたかのように伝える触覚伝達技術を採用したディスプレイや、セラミック技術を応用した高音質なピエゾ(圧電)スピーカー、装飾用に開発された人工オパールなどを搭載している。
 なお、12のデバイスはすでに市販化もしくは、発表済みで、手持ちの部品を使うことで、12のデバイスが協調制御される走行可能なコンセプトカーになっている。コンセプトカーの製作では、ディスプレイのフィッティングはもちろん、カメラとモニターを実車に搭載すると、キャリブレーションの難しさやモニターにノイズが乗ってしまうなど、自ら手がけて分かることが多くあったという。


自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated