テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/05/26
  • Motor Fan illustrated編集部

冷却のプロフェッショナルによる新提案 [人とくるまのテクノロジー展2018横浜]

カルソニックカンセイ:V字ディンプルチューブ構造の熱交換器

このエントリーをはてなブックマークに追加
熱交換器自体の性能を高めたいなら、サイズを大きくして表面積を増やしたり冷媒の流量を増やしたりといった手段が考えられる。しかしいずれにも頼らない方法がカルソニックカンセイから提案されている。

 示されていたのは、V字ディンプルによって冷媒側の流れに渦をつくり、境界層を壊すことで熱伝達率を上げる試み。水側の熱伝達率を上げる手段としてはインナーフィンもあったが、抵抗が大きくなってしまう弱みがあった。ディンプルによって、抵抗は上げずに性能を上げることが可能になった。

 チューブの内側にディンプルの凸部を設ける。上面/下面双方に備える仕様がスライドで示されていたが「流速などの要件から、いろいろあります」とのこと。詳しくは聞き出せなかったのだが、同様にディンプルの高さやピッチもいろいろ設定可能。ディンプルの方向も、位相だったり同相だったり、渦の出来方を最良にするためにさまざまなやり方が考案されているようだ。

 写真に示すのは水冷式インタークーラに用いた例。冷却水側にV字ディンプル構造のチューブを採用している。水冷ICは冷媒を電動ウォーターポンプで循環させるだけに流量が非常に小さく、すると層流が生じて熱交換の効率が下がってしまう課題があった。ラジエータやEGRクーラにも展開を検討中。本構造によって効率の回復を狙う。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated