テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/06/13
  • Motor Fan illustrated編集部

STマイクロエレクトロニクス:オープンソースの3Dプリンタの性能を向上させる高速・高精度モータ・ドライバ評価ボードを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
モータ・ドライバ評価ボード「EVALSP820-XS」
STマイクロエレクトロニクスは、オープンソースの3Dプリンタ・プラットフォームであるRAMPS(RepRap Arduino Mega Pololu Shield)向けに、モータ・ドライバ評価ボードのEVALSP820-XSを発表した。同ボードは、STの産業機器制御に関する専門性を活用することで、3Dプリンタの性能を最大限に引き出し、高速プリントと、なめらかな表面仕上げを実現する。

 RAMPSモジュラー・プラットフォームにより、あらゆる企業や個人ユーザは、熱溶解積層方式(FFF:Fused Filament Fabrication)の3Dプリンタを、試作期間の短縮や交換部品の作製のほか、教育用に活用できる。また、Arduino Mega 2560やArduino DUEといったベースボードは、基本的な制御機能を搭載しているため、Megaと互換性のある拡張シールドを使用することで、ユーザ自身の選んだモータ・ドライバ、押出コントローラをはじめ、必要なあらゆる機能を活用できる。

 簡単に使用開始できる評価ボードのEVALSP820-XSは、RAMPSプリンタを非常に高速で駆動できるため、スループットを大幅に向上させる。また、1/2~1/256分解能のマイクロ・ステッピング・モードで制御できるため、優れた表面平滑性を実現できる。

 3Dプリンタの性能を飛躍的に向上させる重要な技術が、STのモータ・ドライバ STSPIN820。産業機器向けに開発された高速モータ制御用の入力回路とアルゴリズムを搭載した同ICは、強力な1.5rmsの出力段も集積しており、超小型QFNパッケージ(4 x 4mm)で提供される。また、減電圧ロックアウト、過電流 / 短絡保護、サーマル・シャットダウンといった包括的な保護機能も内蔵しているため、産業機器向けに堅牢性を確保する。

 EVALSP820-XS評価ボードはその他の用途にも使用することができ、監視カメラ、紡績・縫製機器、医療機器、銀行ATM、オフィス / 住宅オートメーション、POS端末、ロボットなど向けに、スムーズかつ高速なステッピング・モータ制御を迅速に開発できる。また、7V~45Vの動作電圧範囲と、ステップクロック端子と方向入力端子で構成されたシンプルなホスト・インタフェースを有するSTSPIN820は、汎用性と経済性を備え、簡単に統合できる。

 EVALSP820-XS評価ボードの価格は6.90ドルで、販売代理店またはSTのウェブサイト( http://www.st.com )より入手可能。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...

カーライフに関するサービス

オートモーティブジョブズ

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated