Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. テクノロジー
  4. 世界のエンジン オールアルバム

世界のエンジン オールアルバム file 010:PORSCHE DDP/DDN ボクスター&ケイマンの4気筒ボクサーエンジン

  • 2018/06/24
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■2.5 DDN
シリンダー配列 水平対向4気筒
排気量 2497cc
内径×行程 102.0mm×76.4mm
圧縮比 9.5
最高出力 257kW/6500rpm
最大トルク 420Nm/1900-4500rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 直接駆動
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/In-Ex

 2015年にモデルチェンジされたタイプ917ボクスター&ケイマンには、ダウンサイジングとレスシリンダーを両立したブランニュー・フラット4が搭載され、車名も「718」が付されることになった。直4では1990年代のFR・968、水平対向では70年代のMR・914以来の4気筒エンジン復活である。

 ドイツの高出力エンジンの趨勢にならってターボ過給が施され、ポルシェのボクサーはほぼターボ化が完了したことになる。水平対向レイアウトだけにストロークは76.4㎜と短く、ボアは2.0ℓ版が91.0㎜、2.5ℓ版が102.0㎜と、それぞれ6気筒の3.0/3.8ℓのディメンションを踏襲する(ボアピッチ118.0㎜も同じ)、ポルシェ流のモジュラー設計。それを裏付けるかのように、6気筒から減ったスペースに過給システムをレイアウトする。6気筒NAと同じ7500rpmという最大回転数を許容しながら、エンジンシステム全体でNAのフラット6より軽量になっている。

 ターボチャージャーは4気筒特有の排気干渉を避けつつツインとするのは排気管の取り回しに制約が大きいため、4-1集合で1基のターボに排気を導く。その排気管はボクサーサウンドを残すためあえて不等長としている。


■2.0 DDP
シリンダー配列 水平対向4気筒
排気量 1988cc
内径×行程 91.0×76.4mm
圧縮比 9.5
最高出力 220kW/6500rpm
最大トルク 380Nm/1950-4500rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 直接駆動
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/In-Ex

これまでのポルシェの直噴インジェクターはサイド配置だったが、ガソリンの壁面付着が原因となるプレイグニッションを回避するためトップセンター配置に改められた。
ターボチャージャー関連は6気筒から2気筒落とした分の前方に集中配置、3.0ℓ6気筒と同一ラインで生産されるため、タイミングベルトやポンプ類、バルブタペット等は6気筒と共用。
2.0ℓDDP
2.5ℓDDN

2種類のターボを設定
ターボチャージャーは2.0ℓと2.5ℓでは異なり、前者は一般的なウェイストゲート制御式、後者はVTG+ウェイストゲートとなる。通常VTGターボではウェイストゲートは不要だが、あえて共用することで可変ベーンの効率を上げることが可能になるという。911ターボにも採用された、アクセルペダルをオフにしても電制スロットルは開いたままで燃料カットを行ない、負荷変動に伴うターボラグを防ぐダイナミックブースト機構を装備する。


RR用の6気筒ターボではホイールアーチ裏側、またはエンジン後部に置かれる空冷インタークーラーは、ラゲッジスペースがあるMR用では水冷式となってエンジン直上に配置される。

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

最新自動車テクノロジーレポート2021

最新自動車テクノロジーレポート2021 一覧へ

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ