Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • Motor-Fan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. テクノロジー
  4. 世界のエンジン オールアルバム

世界のエンジン オールアルバム file 011:GM Small Block GenV コルベットのV8:スーパーチャージャーにVVTで武装したOHV

  • 2018/06/28
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
LT4

■LT4
シリンダー配列 V型8気筒
排気量 6162㏄
内径×行程 103.25mm×92.0mm
圧縮比 9.1
最高出力 485kW/6400rpm
最大トルク 868Nm/3600rpm
給気方式 SC
カム配置 OHV
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 1/1
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

 2013年、コルベットに搭載されて登場した第五世代のスモールブロックV8の最大の特徴は、筒内ガソリン直噴システムの採用だ。
 予混合急速燃焼を旨とするガソリンエンジンでは、ボア径が大きくなると燃焼室末端まで火炎伝播が行き渡らず燃焼が不安定になりやすい。直噴では筒内の空気流動を制御できればこの欠点は目立たなくなり、OHV2バルブのカウンターフローならスワールの発生も却って4バルブより容易。一見旧態依然としたプッシュロッドエンジンにも最新技術で光明が見えてきたといえる。DOHCならではのデバイスであるVVTも、クランク上部のシングルカムに仕込まれ、11.5という高圧縮比を制御する。
 最新のLT4ではチタン合金製吸気バルブ、焼結鉄素材のコンロッド、鍛造ピストン等を装備し、SC過給の燃焼圧力に対抗。バランサーのマスも低減。さらなる高出力化を実現した。2018年モデルではLT4からLT5へ進化。さらにパワーアップしている。

L83

■L83
シリンダー配列 V型8気筒
排気量 5328㏄
内径×行程 96.0mm×92.0mm
圧縮比 11.0
最高出力 265kW/5600rpm
最大トルク 519Nm/4100rpm
給気方式 NA
カム配置 OHV
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 1/1
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

LT1

■LT1
シリンダー配列 V型8気筒
排気量 6162㏄
内径×行程 103.25mm×92.0mm
圧縮比 11.5
最高出力 339kW/6000rpm
最大トルク 624Nm/4600rpm
給気方式 NA
カム配置 OHV
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 1/1
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In-Ex/×

おすすめのバックナンバー

自動車業界 特選求人情報|Motor-FanTechキャリア

「自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

motorfuntech

水平対向と星型とロータリーエンジン特集

水平対向と星型とロータリーエンジン特集 一覧へ

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ