テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/28
  • Motor Fan illustrated編集部

メルセデスのディーゼルと言えばコレ。CからVまでを担うオールラウンダー:OM651

世界のエンジンオールアルバム file 021 : MERCEDES-BENZ OM651

このエントリーをはてなブックマークに追加
■OM651
シリンダー配列 直列4気筒ディーゼル
排気量 2143cc
内径×行程 83.0mm×99.0mm
圧縮比 16.2
最高出力 150kW/3800rpm
最大トルク 500Nm/1600-1800rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 鋳鉄
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL ×/×

 ダイムラーのコモンレール式直噴ディーゼルエンジンとしては第3世代にあたり、2008年に登場。6度の挟み角を持つバルブトレーンの駆動はエンジン後方で行なわれ、エンジン長を低減するため一段目は歯車で減速され、そこからチェーンでカムスプロケットを回す。ギヤ段は高圧燃料ポンプと共に、二次バランサーを駆動する。高出力仕様ではターボチャージャーはツインで直列配置となり、バイバス流路が設けられている。定常では前段の大径タービンだけが過給を担うが、負荷(過給圧)が一定以上になるとバイパス通路が開いて小径タービンが加勢し、レスポンスを高める構造。
 1. 8ℓ/80k W版から2.2ℓ/150k W版までがラインアップされていたが、後継のOM654が登場した現在、1.8ℓ版と2.2ℓの低出力版はカタログ落ちとなった。

燃料噴射システムはデルファイを採用。最大噴射圧220MPaは当時最高圧だった。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション
駆動輪と路面間で生じる駆動力をいう。この力は駆動輪軸重、トルクとタイヤと、路...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
電子制御式燃料噴射
燃料に圧力をかけておき、電磁弁が開いている時間によりエンジンへの燃料供給量を...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated