テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/20
  • Motor Fan illustrated編集部

新型フォレスターのステアリングは、凝りに凝ったVGR=可変ギヤレシオを採用

ギヤレシオが2段階変わる凝ったステアリングギヤボックス

このエントリーをはてなブックマークに追加
VGRを採用した新型スバル・フォレスター
新型フォレスターは、VGR(Variable Gear Ratio)のステアリング機構を持つ。センター付近はスローに、切りましていくとクイックにという可変ギヤレシオステアリングだが、フォレスターのVGRは、さらに凝っているのだ。

 スバルの新型フォレスターのステアリングギヤボックスは、ラック&ピニオン式で、ピニオンアシスト式の電動パワーステアリング機構がつく。カタログスペック的なステアリング・ギヤ比は13.5:1である。
 フォレスターのステアリング機構の最大の特徴は、「可変ギヤレシオ」を採用したことだ。したがって、ステアリンギヤボックスはフォレスター専用。

ラックギヤの形状に注目。

 ステアリングのセンター付近をスロー(15:1)に、両端をクイック(13.5:1)にしたバリアブルレシオを採用しているのだ。操舵の応答はサスペンション本体やボディ剛性で充分に出せているので、ステアリングセンター付近はあえてクイックにせず、ロングドライブでもリラックスして走れるようにした。また、ステアリングを大きく切る駐車の場合などの取り回し性の向上のために、その領域はクイックなギヤにしている。ちなみに、最小回転半径は5.4mである。

 ギヤレシオは、左右両端に向かって2段階に変化する特性を持つ。スバルによる図版を見ると、ステアリングセンターから操舵角で左右各25度の範囲は15:1、25度から150度まではレシオがクイック方向に変化し、150度から340度までは同じギヤ比(図を見ると14.3程度に見える)となり、その先、350度から459度まで再び変化し、ステアリングを切りきった領域は13:5のギヤとなっている。

 可変ギヤレシオは、ラックギヤに刻む歯に微妙な角度変化をつけることで実現している。通常、ラックギヤは切削加工で作るが、フォレスターの可変ギヤレシオのラックはそれでは対応できないため、鍛造で造っている。

 可変ギヤレシオのステアリングを採用したモデルはこれまでもあったが、ステアリングのフィール(というか、ドライブしているときとパーキングなどステアリングを大きく切るときの差)に不自然さを感じることがあったが、新型フォレスターのステアリングは、自然でステアリングのフィールも良好だった。これは、ステアリングギヤボックスだけでは、SGPによるしっかりしたボディ、それにともなってちゃんと動くサスペンションとの組み合わせによるものだろう。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
2ローターロータリーエンジン
2つのローターユニットからなるロータリーエンジン。1ローターエンジンでは、エキ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated