テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

TOP > カタログ > ルノー > トゥインゴ > 三菱製に非ず、ルノー・トゥインゴに搭載される3気筒RR用エンジン──H4D
  • 2018/07/29
  • Motor Fan illustrated編集部

三菱製に非ず、ルノー・トゥインゴに搭載される3気筒RR用エンジン──H4D

世界のエンジン オールアルバム file 024:RENAULT H4D

このエントリーをはてなブックマークに追加
■H4D:SCe70
直列3気筒
排気量 999cc
内径×行程 72.2mm×81.3mm
圧縮比 10.5
最高出力 51kW/6000rpm
最大トルク 91Nm/2850rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 直接駆動
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In/×

 新型トゥインゴおよびダイムラーの新型smart用に開発された直列3気筒1.0ℓガソリン自然吸気ユニット。リヤのトランクスペース床下に搭載されることを前提に設計され、シリンダーは49度も傾けられている。ファントゥドライブを重視したTCe90と異なり、こちらは徹底して低エミッションに主眼が置かれ、小排気量ガソリンNAエンジンながらわずか2850rpmで最大トルク91Nmを発生する。

 生産はスペインのバリャドリード工場で行なわれ、トゥインゴとsmartフォーフォー用はスロベニアのノヴォメスト工場、smartフォーツー用はフランスのロレーヌ地方にあるダイムラーのハンバッハ工場へと送られる。当初は5速MTのみとの組み合わせだったが、2015年9月には6速DCTも用意され、世界戦略エンジンとしての役割を加速させている。

 なお、三菱自動車の3B2シリーズと関連づける記述が散見されるが本機とは無関係。ダイムラー(スマート)と三菱自動車との関係、そして近似するボア×ストロークから混同したものであろう。
 H4Dは、ルノー初の直噴ターボエンジンであるH5Ft(72.2×73.1mm)/3気筒化したH4Bt(72.2×73.1mm)から派生したもので、自然給気/ポート噴射化に伴いストロークを延長し(72.2×81.3mm)999ccの排気量を得ている。

リヤに49度も傾けられて搭載するSCe70と違って通常通りに直立してダチア・ロガンに搭載するユニットは、SCe75と呼ばれ、54kW/97Nmのスペックとなる。

■H4D:SCe75
シリンダー配列 直列3気筒
排気量999cc
内径×行程 72.2mm×81.3mm
圧縮比 10.5
最高出力 54kW
最大トルク 97Nm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 直接駆動
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In/×

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ

MotorFanオリジナル自動車カタログ情報


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...
スーパーチャージャー
新気を加圧して、周囲の大気圧力以上にしてエンジンに供給する給気装置。排気ター...
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated