テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/07/31
  • Motor Fan illustrated編集部

東芝インフラシステムズ:韓国で永久磁石同期電動機を採用した鉄道車両が運行開始

30%以上の消費電力量を削減

このエントリーをはてなブックマークに追加
釜山地下鉄1号線新型車両
東芝インフラシステムズが納入した永久磁石同期電動機(Permanent Magnet Synchronous Motor)を採用した釜山交通公社の新型車両5編成(40両)の運行が開始された。運行を開始するのは、韓国釜山市の南北を約40kmにわたって縦断する地下鉄1号線の新型車両で、同国として初めてのPMSM搭載車両。東芝インフラシステムズは、車両を製作した現代ロテム社に、PMSMおよびそれを制御する牽引インバーター用主要部材を宇進産電社経由で納品した。本主回路システムは、従来のシステムに対して30%以上の消費電力量削減が見込まれている。

 PMSMは回転子に永久磁石を使用した高効率電動機で、電動機内部の発熱量が減ることから「全閉自冷式」を採用している。この結果、低騒音化と内部への塵埃侵入が防止されることによる低保守化を実現している。
 東芝インフラシステムズは2006年にPMSMを実用化して以降、海外においてはシンガポールの鉄道事業者であるSMRT(Singapore Mass Rapid Transit)社に納入しており、今回の納入は海外の鉄道事業者として2例目の事例。
 
 韓国では、今後も省エネ性の高い新型車両の導入が予定されている。同社は、省エネ効果が高く環境負荷低減に貢献するPMSMシステムを海外鉄道市場に向けて積極的に展開していく。

東芝インフラシステムズが納入したPMSM

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ラダーフレーム
フレーム型式のなかでトラック、バス用としてもっとも代表的なもので、左右2本のサ...
回頭性
クルマが車体の向きを変える速さや、そのコントロール性をいう。物理量としては、...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated