Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. テクノロジー
  3. テクノロジー
  4. 世界のエンジン オールアルバム

世界のエンジン オールアルバム file 035:日産 VR38DETT GT-Rのための専用エンジン──VR38DETT

  • 2018/08/16
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■VR38DETT
シリンダー配列 V型6気筒
排気量 3799cc
内径×行程 95.5×88.4mm
圧縮比 9.0
最高出力 419kW/6800rpm
最大トルク 637Nm/3300-5800rpm
給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 直接駆動
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In/×

 量産6気筒としては最大級のパワーを絞り出すGT-R専用エンジン。登場時には357kWだった出力は度重なる年次改良により419kWにまでアップ、国産には珍しくシャシー共々毎年のように進化するエンジンである。

 VQシリーズがベースだがシリンダー冷却経路がオープンデッキからクローズドデッキに、シリンダー内壁もプラズマ溶射コーティングによるライナーレスと大出力に対応すべく全面的に変更された。トランスアクスル採用で空いたエンジン直後のスペースに4つの触媒を配置し、全回転域でA/Fセンサーからのフィードバック制御を行ない200km/hオーバーでのストイキ燃焼を可能にするなど、ハイパワー過給エンジンでありながら最新のエミッションに対応するコンテンポラリーなスポーツユニットだ。専用工場でひとりの「匠」が1基のエンジンを手作業で組み立てるというマニア泣かせな生産工程も特筆されるだろう。

2017モデルでは気筒別点火制御を採用し、ノッキングを防ぎつつブーストアップにともなう燃焼圧力を個別に最大化。2016年モデルから20ps、デビューイヤーからは約90psの出力アップを果たす。

関連キーワード

おすすめのバックナンバー

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ

新型コロナウイルスと自動車産業

新型コロナウイルスと自動車産業 一覧へ