テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/08/18
  • Motor Fan illustrated編集部

BMW次期3シリーズ(G20型)はどうなる? グルグル写真から読み解けることがら

G20型BMW次期3シリーズはデビュー間近

このエントリーをはてなブックマークに追加
パリサロンでデビューと言われている次期BMW 3シリーズ
次期BMW3シリーズのニュルブルクリンクでのテスト風景が公開された。カムフラージュされた次期3シリーズの写真から読み取れることはなんだろう? 写真をじっくり眺めて分析してみよう。

 パリ・サロン(10月2-3日プレスデー)でデビューと噂されているBMWの基幹車種3シリーズ。七代目モデルで、現行のF30型からG20型となる次期モデルのニュルブルクリンクでのテスト風景の写真が公開された。例によってカムフラージュが施されているので、ディテールはわかるようでわからないようになっている。それでも写真をじっくり眺めているとわかることもある。
 BMWが発表している内容は、こちらで。

 BMWが発表している内容は、こちらで。

M-IA 4281の車両
M-IA 2213の車両

 今回、公開されたテスト車はともにミュンヘンナンバーを付けた
「M IA 4281」
「M IA 2213」
の2台。

 4281よりも2213の方がフロントの開口部が大きいところを見ると、Mモデル、あるいは3.0ℓ直6(ガソリンもディーゼルもアリ)搭載モデルなのだろうか。

 4281はタイヤサイズ、銘柄が読み取れる。
ミシュラン・パイロットスポーツでフロントは225/40R19、リヤは255/35R19。発表通り前後異サイズタイヤを履く。青いブレーキキャリパーを付けているからM SPORTモデルなのだろう。リヤホイールハウス後方のバンパーにはエアアウトレットが見える。

 ルーフの接合は、従来通りスポット溶接によるもの(モールが見える)で、アウディやVWが得意とするレーザーブレージングは採用していないようだ。このクルマはサンルーフ装着に見える。

 フロントをじっくり見てみよう。前述したように、2213の方がバンパーの開口部が大きい。ライトの形状は、現行5シリーズと共通したイメージになりそうだ。

ここから何が読み取れるか?

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
シーケンシャルターボ
複数の排気ターボを装着したエンジンシステムにおいて、運転状態に応じて段階的に...
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated