Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

ZF:新しいアクティブ・コントロール・リトラクター シートベルト・システムを発表

  • 2018/09/26
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ZFは最新世代のアクティブ・コントロール・リトラクター・シートベルト・システムであるACR8を、メルセデス・ベンツCLSクラスに提供。両社はアクティブ・セーフティとパッシブ・セーフティを兼ね備えたシートベルト技術を、他に先駆けて開発してきた。このシステムは衝突前にシートベルトの緩みを巻き上げ、衝突時には乗員を適切な位置に保持する事をサポートする。

ZFは次世代のアクティブ・コントロール・リトラクター「ACR8」の量産を開始する。ACR8は、アクティブ・セーフティ(予防安全)とパッシブ・セーフティ(衝突安全)両方の機能を兼ね備え、危険な状況下では衝突前にシートベルトを締め付ける。車載のアクティブ・セーフティ・システムや運転支援システムからの情報によって作動し、自動緊急ブレーキ(AEB)や衝突回避操舵支援(ESA)などと連動できる。衝突時にはエアバッグなどの乗員拘束装置と協調し、乗員を適切な位置に保つためのサポートを行う。

 ACR8は、ZFの最新世代のアクティブ・リトラクター・プリテンショナー。ZFとダイムラー社が2002年に共同でこの技術を開発して以来、進化を続けている。

 ZFの乗員安全システム部門エンジニアリング担当シニア・バイスプレジデントであるノルベルト・カーゲラー氏(Norbert Kagerer)は、次のように述べている。「コンパクトなデザイン、軽量化、新しいソフトウェア機能といった特徴をもったこの新製品は、新型のメルセデス・ベンツCLSクラスに初搭載されました。ACR8は、排出ガスと交通事故のない世界を目指す『ビジョン・ゼロ』の実現に向けた、ZFの取り組みのひとつです」

 ACR8では、リバーシブルの電気機械式プリテンショナーと非リバーシブルの火薬式プリテンショナーを採用している。衝突前に作動する前者は、危険を察知した場合には振動などの触覚フィードバックを提供するとともに、通常時は必要以上の乗員拘束を避けて快適性を提供。一方後者は、事故を回避できなかった場合に安全性を確保する。この新世代の製品は、シート・ポジション修正時のアクティブ・ロック、ベルトの伸びの感知、ダイナミックな運転のためのスポーツ・モードといった機能も追加することができる。

 ACR8は、ZFのSPR8リトラクター・プリテンショナーをベースにしている。SPR8は、基本バージョンから先進機能を提供するアクティブ・コントロール・リトラクター技術に至るまで、シートベルト・システムに関するあらゆる自動車メーカーの要件に対応できる、モジュール式設計に基づく製品ファミリーだ。ACR8は、SPR8のプリテンショナー技術とシステム構成に基づき、シートベルト・システムをアップグレードする。

 アクティブ・シートベルト・システムは、乗員の安全性と快適性を向上できることから、コンパクト、ミッドレンジ、プレミアムにわたる車両セグメントで採用が進んでいる。シートベルトの緩みの巻き上げといった一般的な機能が最新の高度な運転支援システムと組み合わされているほか、シートベルトの振動による警告(触覚フィードバック)や、衝突回避/プリクラッシュ段階でのリバーシブル・プリテンショニングといったオプション機能がある。ACR8は、自動運転時には危険な状況を検知すると乗員を適切な位置に保持するようサポートする事も可能。エアバッグなど、他の安全システムと連動し、乗員保護の向上と、人体に加わる衝撃の制御に貢献する。

 ACR8は、自動運転システムにおいて不可欠な要素となる可能性もある。自動運転中に手動運転への切り替えが必要となった際、警告としてベルトを細かく振動させ、ドライバーに運転を促すことができる。このように、ドライバーに注意を促す効果的な方法として、シートベルト・システムを自動運転車のユーザー・インターフェイスの一部として統合する事が考えられる。

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト

スズキ・ハスラー vs ダイハツ・タフト 一覧へ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ

エンジン特集|飽くなき探究心をくすぐる特選アーカイブ 一覧へ