テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/10/03
  • Motor Fan illustrated編集部

デンソー:ソフトウェアを開発する中国・光庭と合弁会社の設立に合意

中国における次世代のデジタルメーターの開発を加速

このエントリーをはてなブックマークに追加
光庭のウェブサイトより
デンソーは、中国におけるメーター事業の競争力を強化するため、自動車向けソフトウェアの設計・開発を行う光庭と、合弁会社「電装光庭汽車電子有限公司」を設立することに合意した。新会社は、2018年12月に設立する予定で、自動車メーター用ソフトウェアの設計・開発を行う。

 近年、中国の自動車市場では、車両の商品力向上が求められており、先進的なコックピットの開発が加速している。コックピットにおいては、センターディスプレイの大型化や、液晶や有機ELを使ったメーターのデジタル化が急速に進展する見込みだ。

 デジタルメーターの開発においては、従来の指針を使ったアナログメーターに比べて技術の進化が速く、開発に必要となるソフトウェアも増加する。そのため、開発スピードの加速が求められるとともに、ソフトウェアメーカーなど新たな事業者の参入により開発競争が激化している。

 今回、合弁会社を設立する光庭は、自動車メーカーやサプライヤー向けにメーターやカーナビゲーションシステムなどのカーエレクトロニクス製品のソフトウェア開発を行っており、豊富な開発実績やノウハウを持っている。また中国におけるデンソーの開発パートナーとして、メーター向けソフトウェアの共同開発を行ってきた。今回、中国に新たに合弁会社を設立することで、光庭の持つノウハウや開発リソーセスを生かし、現地で求められるニーズに応じた次世代のデジタルメーターの製品化を加速させる。

【新会社の概要】
1.社名:電装光庭汽車電子有限公司
2.会社設立:2018年12月
3.所在地:湖北省武漢市
4.資本金:1億元
5.出資比率:デンソー51%/光庭49%
6.代表者:朱敦尭 (董事長)
7.従業員数:90人 (18年12月 設立時点)
8.事業内容:車載用コックピット表示系製品の開発、設計、製造、販売

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
振動減衰
摩擦や粘性などの抵抗力により、失われる振動のエネルギー消費のこと。純粋にばね...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
エバポレーター
エアコンの室内ユニットを構成する一要素で、コンプレッサーで圧縮され、コンデン...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated