Tech|テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • MotorFan[モーターファン]
  • モーターファンバイクス[Bikes]
  1. TOP
  2. ニュース・トピック
  3. ニュース

未来の自動車の安全水準を引き上げるフォルクスワーゲンの次世代ヘッドライト・テールライト技術

  • 2018/10/23
  • Motor Fan illustrated編集部
このエントリーをはてなブックマークに追加

革新的なフォルクスワーゲンのライティング技術は運転をより一層安全なものにするだけでなく、自分の車を高度にパーソナル化することができる可能性を秘めている。様々な国際ワークショップの場でフォルクスワーゲンは未来のライティング技術がコミュニケーションツールとして活躍し、運転の安全をさらに高めることをアピールしている。

 フォルクスワーゲンは使えるライティング技術すべてを投入して、自動車の運転をより安全なものにしようとしている。彼らの目的の一つが、現行車両のライト機能を改良して現代の公道における安全をより向上させることだ。同技術は新型トゥアレグのLEDマトリクスヘッドライトの「IQライト」などに投入され、夜間の運転時の安全性や快適性を高めている。

 しかしフォルクスワーゲンのエンジニアたちはさらに未来を見据えている。たとえば運転アシストシステムの高性能化によって他のドライバーとアイコンタクトを取らなくなるドライバーが出現するなど、未来の道路において克服しなければならない新たな問題が生じるかもしれない。

 ここで登場するのが最新の、「インタラクティブ・ライティング」機能だ。この最新のライティングシステムは30,000個の高性能LEDからなるマイクロピクセルHDヘッドライトを使用し、高価なレーザーヘッドランプに取って代わるものとして開発を進めている。このライティングで路面に直接走行に関係する情報を投影することで安全性を高めている。

 同技術は「オプティカル・レーンアシスト」システムなどの新たな運転アシストシステムの実現も可能にする。「オプティカル・レーンアシスト」システムではヘッドライトが前方にガイドライトを投影し、車体と車線の間の距離をわかりやすくドライバーに伝える。このようなライティング機能は現在フォルクスワーゲンのHD-LCDライトでテストされている。

さらに安全性を高める次世代のインタラクティブ・ライト:テールライトクラスター

 フォルクスワーゲンが開発を進めている「マトリックス・テールライトクラスター」はテールライト技術に革新をもたらすだろう。「マトリックス・テールライトクラスター」は警告サインなどをライトに組み込むことが可能になっている。例えば、渋滞の入り口などで後続車に対して警告サインを表示することができる。また、マイクロレンズを用いた新たな「オプティカル・パーキングアシスト」では駐車しようとする自分の車の経路を路面に投影することで近くの歩行者が巻き込まれないようにする。

開発の効率を高めたフォルクスワーゲンの自社設備

 フォルクスワーゲンのライティング技術が未来の道路でも必ず通用できるよう、同社はヴォルフスブルクにて専用の研究開発センターをオープンした。同施設には幅15m/高さ5mで長さ100mのライティングテスト用のトンネルがあり、開発や実験の中心的な役割を持っている。同じ条件下で何回もテストできるため、今まで以上に正確な評価が可能になった。

 また、それまでは毎回夜になるまで待っていた実車試験が任意のタイミングでできるようになったため、開発の期間も大幅に短縮される。同施設を活用することでライティング技術をより早く量産化することが可能になり、公道における安全性がさらに高まることが期待されている。

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集

ホンダエンジンの技術力は凄い|内燃機関超基礎講座特集 一覧へ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ

会員必読記事|MotorFan Tech 厳選コンテンツ 一覧へ

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説

3分でわかる! クルマとバイクのテクノロジー超簡単解説 一覧へ