テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/10/26
  • Motor Fan illustrated編集部

アスラテック:無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションを開発

「V-Sido WebConnect」が無人搬送車の遠隔操縦にも対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
無人搬送車の「EffiBOT」に遠隔操作モジュールを搭載した状態
アスラテックは、無人搬送車や自律搬送ロボットなどを遠隔で操縦したり管理したりするためのソリューションを開発した。既存の無人搬送車をほとんど改造せずに遠隔操縦に対応させることもでき、さまざまな機種への適用が可能。

 アスラテックは、遠隔ロボットコントローラー「V-Sido Web Connect(ブシドー・ウェブコネクト)」を用いた、無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションを開発した。
 このソリューションは、倉庫内の無人搬送台車や自律搬送ロボットなど、さまざまな無人搬送車にインターネット経由で遠隔操縦したり遠隔管理したりできる機能を実装するもの。主に遠隔操作の専用ウェブアプリケーションとV-Sido Web Connectで構成されており、既存の無人搬送車をほとんど改造せずに遠隔操縦などに対応させることができる。また、新規に搬送車などを開発する際に、このソリューションを組み込むことで、新しい無人搬送車を開発することも可能。

 今回開発した無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションの主な特徴は、下記の通り。

・同一ネットワークだけでなくインターネット経由の遠隔操縦、遠隔管理が可能
・ウェブブラウザやゲームコントローラーなどで無人搬送車の操縦が可能
・カメラとマイクを使った遠隔モニタリングが可能(360度カメラにも対応)
・CAN(ControllerAreaNetwork)やシリアル通信など、さまざまな通信プロトコルに対応
・GPSによる位置検出の表示に対応

 このソリューションは現在、フランスのEffidence社が開発した無人搬送車「EffiBOT」や、アスラテックが検証用に開発した試作無人搬送台車など、複数の無人搬送車で動作することを確認している。今後アスラテックは、さまざまな無人搬送車に対して、このソリューションを提供していく。

遠隔で操縦するための操作画面

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated