テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/11/14
  • Motor Fan illustrated編集部

カウンタックから続く、行って戻って後輪を駆動するパワートレイン──ランボルギーニのV12

世界のエンジン オールアルバム file 056:LAMBORGHINI L539

このエントリーをはてなブックマークに追加
■ L539
シリンダー配列 V型12気筒
排気量 6498cc
内径×行程 95.0mm×76.4mm
圧縮比 11.8
最高出力  544kW/8400rpm
最大トルク  690Nm/5500rpm
給気方式  NA
カム配置 DOHC 
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In/X

 ランボルギーニのV12には三世代ある。最初は創業の1965年に、元フェラーリのジオット・ビッザリーニ技師の設計で完成した3.5ℓV12。これはミウラで4.0ℓになり、カウンタックにも適用された。そのカウンタックが20年の長い生涯を閉じた後にデビューしたディアブロは、ルイジ・マルミローリ技師が設計した第二世代の5.7ℓV12を搭載していた。これは第一世代と同じ95mmのボアピッチを持つのだが、構造設計からすべてが違うものだった。このディアブロ用は、途中で6.0ℓになり、そして次のムルシエラゴにも排気量を6.5ℓに上げて使われることになる。

 そして、2012年にデビューしたアヴェンタドールが載せているのが第三世代。ボアピッチ103.5mmの新規設計で、6.5ℓから515kWを発生。さらに熟成を重ねてアヴェンタドールSでは544kWを計上する。

 トランスミッションはクラッチを1組のみ備えるAMT。トランスミッション側が車両前方を向いており、クラッチを介して伝達された駆動力は、トランスミッションで減速された後、ドライブシャフトでエンジン後方のデフユニットに導かれる。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
アンダーフロアエンジン
エンジンを床下に搭載する方式のこと。客室の床面積を広げる利点があるため、大型...
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
ピストンクリアランス
ピストンとシリンダーの隙間。ピストン隙間ともいう。ピストンは一様な円筒状では...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated