テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/11/17
  • Motor Fan illustrated編集部

スーパーハイパフォーマンスOHV!──クライスラーHEMI

世界のエンジン オールアルバム file 058:CHRYSLER HEMI

このエントリーをはてなブックマークに追加
392 HEMI
■ 392 HEMI
シリンダー配列 V型8気筒
排気量 6417cc
内径×行程 103.9×94.5mm
圧縮比 10.9
最高出力 362kW/6100rpm
最大トルク 644Nm/4100rpm
給気方式 NA
カム配置 OHV
ブロック材 鋳鉄
吸気弁/排気弁数 1/1
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In-Ex/×

 クライスラーのハイパフォーマンスモデル部門、SRT(Street & Racing Technology)によって開発されたHEMIシリーズのプレミアムバージョン。6417cc(392ci)の大排気量により、362kWという圧倒的なパワーを発揮する。

 6.1ℓ版(6059cc)のHEMIと比べ、ボアの拡大はわずか0.9mmにとどまるが、専用の鍛造クランクシャフトによりストロークを3.6mm延長することで排気量を拡大。ピストンピンはフローティング式とされ、ナトリウム封入タイプのエキゾーストバルブを採用、シリンダーのボーリング/ホーニング加工はトルクプレート(ダミーヘッド)を装着して行なうなど、レーシングエンジンさながらの手法が用いられる。他にもポート形状の変更はもちろん、シリンダーブロックにも強化設計の専用品が使われるなど、高出力化に対応するための変更は多岐に及ぶため、ベースエンジン(5.7ℓ版HEMI)との共通部品はわずかとなっている。さらに626kWを発生するDEMO V8 SCも誕生した。

392 HEMI

 ダッジ・チャージャーに搭載されたスーパーチャージ過給仕様。それまでの最強版6.4ℓからストロークを縮小して高回転志向とし、5.7ℓ版用の強化クランクを用いて仕立てられている。シリンダーヘッドは6.4ℓと共通。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
湿式クラッチ
クラッチ本体の中に油を入れ、摩擦が油の中で起こることによって、冷却効果と摩擦...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated