テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/11/25
  • Motor Fan illustrated編集部

復活・メルセデス直6ディーゼル──OM656

世界のエンジン オールアルバム file 062:DAIMLER OM656

このエントリーをはてなブックマークに追加
■ OM656
シリンダー配列 直列6気筒
排気量
 2927cc
内径×行程 82.0mm×92.3mm

圧縮比 15.5
最高出力 250kW


最大トルク 700Nm

給気方式 ターボチャージャー
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 DI
VVT/VVL In/○

 ガソリンエンジンとモジュール展開される直6ディーゼル。モジュールなのだがなぜかボア径はガソリン版より1mm少ない。
 
 同排気量のV6・OM642よりボアピッチは16mm削減され、圧縮比は同じ15.5ながら出力は50ps以上アップする模様。シリンダーは鋳鉄からアルミ合金に変わったが、ピストンは逆にアルミからスチールに変更された。熱膨張率がアルミより低いため、高負荷運転時にアルミシリンダーとのクリアランスを充分に採ることができ、フリクションが40~50%低減されるという。

 完全な新エンジンだけにRDEへの対応も見据えており、排ガス浄化のための低温燃焼を実現する手段として、ディーゼルエンジンとしては世界初の可変バルブリフト機構CAMTRONICを装備した。EGRは排ガスをターボの上流と下流双方から取得する、高圧&低圧併用タイプ。燃費はOM642比で7%改善されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FF
エンジンを前部へ車載して、前輪を駆動するクルマ。FF車はFR車に比べ、滑りやすい...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...
スロットルチャンバー
電子制御式燃料噴射装置において、吸気マニホールドのコレクターに取り付けられ、...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated