テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/11/29
  • Motor Fan illustrated編集部

ジェイテクト:ディーゼル機関車用ゴムカップリング付補機駆動軸を開発

このエントリーをはてなブックマークに追加
開発品イメージと構造図
ジェイテクトは、ディーゼル機関車及び気動車に使用されるゴムカップリング付補機駆動軸を開発した。本開発品は、ユニバーサルジョイントの追加とジェイテクト独自のゴムカップリング支持構造の採用により、補機駆動軸の信頼性向上を実現し、安全な鉄道輸送に貢献する。

 ディーゼル機関車や気動車には、エンジン・変速機からの動力を減速機・車輪に伝達する推進軸とは別に、発電機や送風機を駆動するため補機駆動軸が必要。補機駆動軸はエンジンに直結されるため、ゴムカップリングでトルク変動を吸収して、エンジンのトルク変動による異音・振動や補機類の故障を防止している。しかし、従来品の構造では補機駆動軸取付け誤差やエンジン・補機の動的動きに伴いゴムカップリングに角度がつくため、カップリング耐久性低下の恐れがあった。

■ 開発品の特長
1.ゴムカップリングによるエンジンのトルク変動吸収(図1参照)。
※吸収率(出力トルク/入力トルク)は運転条件により異なります。

【図1:トルク変動吸収のイメージ】エンジン気筒内での燃料着火によるトルク変動をゴムカップリングが吸収している。

2.ゴムカップリング側にもユニバーサルジョイントを追加することにより、取付け誤差や動的動きがあってもゴムカップリングに角度がつかず、カップリング耐久性が向上(図2、図3参照)。

【図2:従来品におけるゴムカップリングへの負荷イメージ】 軸ずれが発生した場合、ゴムカップリングも揺動するため、カップリングへの負荷が高くなる。
【図3:開発品におけるゴムカップリングへの負荷イメージ】 軸ずれ発生時においても、ユニバーサルジョイントが搖動を吸収するため、 ゴムカップリングは搖動しない(ゴムカップリングへの負荷が少ない)。

3.スライドピンによりゴムカップリングをセンタリング支持しており、万一カップリングが破損しても直ちに補機駆動軸が脱落することを防止できる。

【量産開始】2018年
【売上目標】300万円/年 (2019年)
【販売先】鉄道車両メーカー、 鉄道事業者 等
【製造工場】東京工場

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
FISA
FIAのモータースポーツ部門。一時期は国際自動車スポーツ連盟(FISA)と呼ばれていた...
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated