テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2018/12/17
  • Motor Fan illustrated編集部

STマイクロエレクトロニクス:スマート機器の基本機能を集積し、省電力・低コスト・小型化を可能にする8bitマイコンを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
STマイクロエレクトロニクスは、コスト重視のアプリケーションを対象とした超低消費電力8bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM8L001を発表した。優れた効率を特徴とするSTの8bitコア STM8と、効果的な基本ペリフェラルを集積する同製品は、小型・少ピンのSO-8パッケージで提供される。

 STM8L001は、センシング、通信および制御に関する基本機能をサポートするコンパレータ(2個)、各種インタフェース(SPI、I2C、UART)、8bitタイマ(1個)、16bitタイマ(2個)を搭載している。 Flashメモリ(8KB)とRAM(1.5KB)により、コスト効率の高いコード / データ保存領域を持ち、Flashメモリの最大2KBをデータEEPROMとして割り当てることもできる。そのほか、32kHz~16MHzの調整範囲を備える柔軟な内部クロック・システムにより、部品点数の削減および基板設計の簡略化が可能。

 また、STM8L001は、産業用センサ、照明機器、バッテリ充電器、玩具、電気自転車、アクセス・カード、PCアクセサリ、プリンタ・カートリッジなど、コストと消費電力が重視されるスマート機器において、クラス最高の性能と優れたコスト競争力の実現に貢献する。

 STM8L001は、最大6個のユーザI/Oを備えているため、開発者はその性能を最大限活用することができる。また、同製品は、STの超低消費電力技術により、すべてのモードで省電力を実現すると共に、Haltモードで300nAまで消費電流を低減できるため、バッテリ駆動機器の長寿命化に貢献する。さらに、柔軟性にも優れた同製品は、1.8V~3.6Vの動作電圧範囲と-40°C~125°Cの動作温度範囲により、過酷な環境でも高い信頼性を確保できる。

 STM8L001J3は現在量産中で、SO-8パッケージで提供される。大量購入時の参考単価は約0.21ドル。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
2連キャブレーター
まったく同一形状のベンチュリーおよびスロットル弁を2つずつ備え、フロートチャン...
アンダーステア
定常円旋回中、車速を上げたとき、旋回半径が大きくなっていく旋回特性をいう。US...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated