テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/01/16
  • Motor Fan illustrated編集部

マグナ:トヨタGR「スープラ」受託生産

このエントリーをはてなブックマークに追加
マグナは、トヨタGR新型「スープラ」スポーツカーをオーストリア・グラーツにある完成車受託生産拠点で生産すると発表した。NAIAS で公開されたトヨタ GR「スープラ」は、2019年初旬に生産開始する予定。

 マグナの完成車部門であるマグナシュタイヤ―は、デザイン、エンジニアリング、完成車生産の技術を網羅する世界で唯一の自動車部品メーカー。
トヨタGR「スープラ」の生産開始により、マグナの完成車受託生産プログラムに新しい客先を追加、グラーツ拠点での現行プログラムとしては、4番目のブランドになる。

 マグナヨーロッパプレジデント兼マグナシュタイヤ―プレジデントのGünther Apfalter氏は、「このトヨタとの新しい完成車受託生産契約は、私たちの完成車生産技術を証明し、自動車メーカーが完成車に求める高い品質スタンダードで、私たちが製品を提供できる証です」とし、「追加の生産能力が必要な自動車メーカーや完成車技術を必要とする新興自動車メーカーを、私たちがどのようにサポートすることができるかを示す良い例です」とコメントしている。

 マグナシュタイヤ―は、今日までに350万台以上完成車をさまざまな客先向けに生産し、独自ブランドをもたない開発パートナー及び完成車生産パートナーの業界リーダーとしての地位を築いてきた。完成車受託契約のほかに、トヨタGR新型「スープラ」 スポーツカーには、マグナのシートシステム、ボデー構造 部品、ドアラッチ、バックドアが採用されている。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
粒界酸化
炭素鋼、低合金鋼、ステンレス、ニッケル合金などの熱処理工程において、金属製品...
層流
流体力学において、圧力分布が一様で層状になった流れのこと。レーシングカーの場...
フリーホイールハブ
パートタイム4WD車において、前輪のホイールハブのところで動力軸を断続する装置。...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated