テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/02/06
  • Motor Fan illustrated編集部

マウザー:3相ブラシレスDCモータ・アプリケーション向けTI社DRV835xスマート・ゲート・ドライバの販売を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
マウザー・エレクトロニクスは、テキサス・インスツルメンツ社のDRV835x 3相スマート・ゲート・ドライバの取り扱いを開始した。この高度に統合されたゲート・ドライバは、3相ブラシレスDC(BLDC)モータ・アプリケーション向けに設計されており、磁界方向制御(FOC)、正弦波電流制御、および台形電流制御に適している。

 マウザーより購入可能な、TI社のDRV835xドライバは、スマート・ゲート・ドライブ (SGD) アーキテクチャを使用して、通常はMOSFETスルー・レート制御および保護回路に必要となる外付け部品の数を減らしている。また、SGDアーキテクチャによりデッドタイムが最適化されて貫通電流状況が防止され、MOSFETのスルー・レート制御により電磁気干渉 (EMI) を柔軟に低減でき、VGS監視によってゲートの短絡状況に対する保護を行える。デバイスのオプションとして、各種のモータ制御方式をサポートするための内蔵電流シャント・アンプと、ゲート・ドライバや外部コントローラに給電するための降圧レギュレータが用意されている。ゲートの強力なプルダウン回路は、望ましくないdV/dt寄生ゲート・ターンオンの防止に役立つ。

 DRV835xドライバは、DRV8353Rx-EVM ドライバ評価モジュールでサポートされている。評価モジュールは、DRV8353RHまたはDRV83583RSいずれかのゲート・ドライバ、およびTIのCSD88599Q5DC NexFETパワーブロックをベースとし、15Aを供給する3相ブラシレスDCドライブ段。個別のDCバス、位相電圧センス、センサレスBLDCアルゴリズム向けの個別のローサイド電流シャント・アンプを搭載している。

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
半球形燃焼室
球殻の一部を壁面とした燃焼室。一般に2バルブエンジンに用いられ、球殻に吸排気バ...
TPS
エンジンのスロットル開度位置信号を出力し、エンジントルクの代用特性となる。ス...
インターセプトポイント
ターボエンジンで、アクチュエーターやウエイストゲートバルブが開きはじめる回転...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated