テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/02/28
  • Motor Fan illustrated編集部

SUBARU:陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機の飛行試験を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加
陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機
SUBARUは、本日2019年2月28日、当社航空宇宙カンパニー宇都宮製作所(栃木県宇都宮市)において、陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機を防衛省に納入した。

  2015年9月に防衛省との間で締結した試作請負契約を受け、SUBARUは民間向け最新型ヘリコプター「SUBARU BELL 412EPX」を米国ベル・ヘリコプター・テキストロン社と共同開発し、この機体を共通プラットフォームとして、陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機を開発・製造した。2018年12月の飛行試験開始以降、性能確認、実証作業等を順調に実施し、防衛省による確認を経て納入に至った。
 今後、本試作機は防衛省において各種試験が実施される予定。SUBARUは、将来の新多用途ヘリコプター量産事業開始を見据え、その体制を整えていく。

 なお、「SUBARU BELL 412EPX」は、2019年1月18日、国土交通省航空局から型式設計変更承認を取得した。これを受け、SUBARUは防衛省向け事業とあわせ、民間向けである「SUBARU BELL 412EPX」の製造、販売をより一層推進していく。

SUBARU BELL 412EPX (イメージ)

自動車業界の最新情報をお届けします!


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
バキュームプレーティング
真空蒸着。真空状態下で金属(通常はアルミニウム)を蒸発させて、ベースコートを塗...
メインシャフト
FR用MTにおいて、アウトプットシャフト(出力軸)をメインシャフト(主軸)と呼んでい...
カウル
ウインドシールド下部、エンジンフード後端部の車体前方パネル。カウルトップある...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated