テクノロジーがわかるとクルマはもっと面白い。未来を予見する自動車技術情報サイト

  • 2019/03/31
  • 遠藤正賢

ヴァレオの交換用ヘッドランプからスターター、オルターネーター、エアコンシステムに国産商用車用クラッチまで幅広くラインアップ!【IAAE2019・PIAA】

約一世紀にもわたる歴史に裏打ちされた高品質をアピール

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヴァレオの交換用ヘッドランプユニット。左が現行ミニ、右がアウディA3用
ディーラーやカー用品店、整備工場、鈑金塗装工場、ディテーリングショップなどが取り扱う部品・ツール・サービス類の展示会「第17回国際オートアフターマーケットEXPO2019」が3月13~15日に東京ビッグサイトで開催。そのなかから、大手部品・材料メーカーのアフターマーケットにおける取り組みや、一般ユーザーがクルマのメンテナンスを受ける際に役立つアイテムをピックアップする。

PHOTO&REPORT●遠藤正賢(ENDO Masakatsu)
IAAE2019のPIAAブース

 市光工業のアフターマーケット部門子会社であるPIAAは、市光工業の親会社となっている大手総合サプライヤー・仏ヴァレオのアフターマーケット部門・ヴァレオサービスの日本拠点として、ヴァレオ製品の販売とPIAA独自製品の製造・販売を担っている。

PIAAのLEDバルブ

 今回のIAAEには、PIAAブランドからはLEDバルブをはじめとしたランプ類やエンジンオイルフィルター、エアコンフィルター、クーラーボックスなどを出品。

PIAAブースのヴァレオ製品コーナー

 そして、ヴァレオのアフターマーケット向け製品を一斉に披露し、交換用ヘッドランプからスターター、オルターネーター、エアコンシステムに国産商用車用クラッチまで、幅広くラインアップしていることを訴求していた。

 その中でとりわけ目立っていたのが、現行ミニおよびアウディA3用のヘッドランプユニット。これらはOEM製品と同じラインで製造されており、「自動車メーカーのロゴが入っていないこと以外はOEM製品と基本的に同じ」(同社説明員)だという。

ヴァレオの国産商用車向けクラッチ

 そして、もう一つ注目したいのが、アフターマーケット専用に展開している国産商用車用クラッチ。元来ヴァレオは1923年の創業当時より摩擦材の生産を手掛けており、クラッチのフェイシングで世界第一位のシェアを誇るエキスパートだ。その約一世紀にもわたる歴史に裏打ちされた、高い耐久性と静粛性、扱いやすさを強くアピールしていた。

自動車業界の最新情報をお届けします!


自動車業界 特選求人情報|MotorFanTechキャリア

自動車業界を支える”エンジニアリング“ 、”テクノロジー”情報をお届けするモーターファンテックの厳選転職情報特集ページ


大車林

大車林

基礎原理から最新技術、産業、環境、行政、モータースポーツ、デザインまで、クルマ社会をキーワードで理解する自動車総合情報・専門用語事典『大車林』の検索サービスです。

キーワードを検索
注目のキーワード
ボアハム
ロンドンの東にある第2次世界大戦用の滑走路施設を活用してフォードが建設したモー...
トラクション係数
トラクション係数は駆動係数とも呼ばれ、タイヤと接地面の駆動力伝達容量を示して...
パワードリフト
旋回中に駆動力をかけてドリフトさせることをいう。FR車において、前後輪の横滑り...

カーライフに関するサービス

ランキング

もっと見る
@motorfan_illustrated